地籍調査事業について

地籍調査の概要

地籍調査とは、土地に関する戸籍調査ともいえる基礎調査です。
調査では、一筆(一つの土地)ごとに所有者・地番・地目・境界の確認をします。
その後、境界の測量と地積(面積)の測定を行い、地図・地積簿を作成し、その写しを法務局へ送付(登記)します。

地籍調査の必要性

現在、法務局に備え付けてある地図(公図)や登記簿(全部事項証明書)は、明治時代の地租改正の際に当時の測量技術により作成された地図を基に、一部加除訂正がされて現在に至っているものであります。
この地図は、当時の測量技術が稚拙だったことや、その他の要因により、現地と合わないものがあります。
しかし、最新の測量技術をもって調査をすることで、地籍の明確化が図られ土地の有効活用につながります。

地籍調査のメリット
  1. 土地に関する争いの防止になります。
  2. 境界の復元(元に戻すこと)が可能になります。
  3. 土地の登記内容が現地に合ったものになります。
  4. 実態にあった課税により公租公課の公平化につながります。
  5. 土地行政等の基礎資料となります。

※八戸市が実施する地籍調査において、隣接の土地所有者を探し連絡することや、測量業者等の専門家への依頼などの手間や費用は全て八戸市が負担します。

当市の現状

八戸市では昭和43年から地籍調査を実施し、市面積の8割程度の調査を完了しております。
近年は、公図のない地区を優先して調査を進めており、湊地区に続き、白銀、鮫、根城そして田向、石手洗、十日市地区の調査を実施しております。

地籍調査成果の交付

地籍調査が実施された地区については、地籍調査の成果を300円/筆にて交付しております。

図根点・筆界点座標値の閲覧及び交付申請書 [35KB xlsx]  

図根点・筆界点座標値の閲覧及び交付申請書(記載例) [182KB pdf]  

地籍調査が実施された地区については、下記ファイルをご覧ください。

地籍調査成果交付地区 [589KB xlsx] 

地籍調査を実施した年度については下記ファイルをご覧ください。

字別調査年度一覧 [107KB pdf] 

お問い合わせ先

建設部 道路維持課 地籍調査グループ
電話 0178-43-9405