3010(さんまるいちまる)運動

 八戸市では、食品ロス削減のため、市内事業者と連携し、宴会等で乾杯後30分から20分、終了前10分から15分、席について料理を楽しむ「3010(さんまるいちまる)運動」を、平成29年4月1日より推進しております。

 

市内事業者との連携

 現在、以下の9事業者が八戸市と連携し、3010運動を推進しております。

  • 八戸グランドホテル
  • 八戸パークホテル
  • 八戸プラザホテル 
  • グランドサンピア八戸
  • 八戸シーガルビューホテル  花と月の渚  
  • きざん八戸                 
  • 居酒屋 弁慶              
  • 日本料理 太一  
  • いとをかし        

                    

                                                                          

 3010運動の推進にご協力いただける飲食店、宿泊施設等には、ポスターやポケットティッシュ等の配布を行っております。

  

                     
                     - ポスター(A2版)-                    - ポケットティッシュ -         
                     - チラシ   (A4版)-

 平成29年8月1日より、八戸市3010運動推進認定店制度が開始となりました。

 3010運動推進認定店[サイト内別ページへ移動]

3010運動とは

 長野県松本市で始まった、会食、宴会等の乾杯後30分、終了前の10分は着席し、食事を楽しむことで、食品ロスの削減を図る運動です。

 食品ロス削減が大きな課題となる中、3010運動に代表される食品ロス削減運動は、全国的に普及しつつあります。

 八戸市における3010運動では、食事を楽しむ時間を限定せず、乾杯後30分~20分、終了前10分~15分と幅を持たせております。

 

 宴会時の食べ残しを減らすため、以下について取り組んでみましょう。

  1. 乾杯後30分から20分は席を離れず食事を楽しみましょう。
  2. 終了前の10分から15分は自分の席に戻って食事を楽しみましょう。
  3. 注文の際には適量を注文するようにしましょう。
  4. 乾杯前に3010運動の呼びかけを行いましょう。
呼びかけ例

  乾杯前

  • 出席の皆様にお願い申し上げます。 本日は料理を十分にご用意いたしました。お酌に回る前に、30分~20分間はごゆっくりお召し上がりください。

  終了前

  • そろそろ、お開きとなりますが、その前に皆様もう一度はじめの席にお戻りください。お席にはまだまだ料理が残っております。もったいないを心がけ、お料理をいただいて、気持ちよくお開きにいたしましょう。

 

 「もったいない」を心がけ、食品ロス削減にご協力ください。

 

食品ロスとは

 「食品ロス」とは、食べ残しや手付かずの食品など、まだ食べられるのに廃棄されている食品をいいます。

 日本全国で年間約630万トンもの食品ロスが発生しています。これは、世界の年間の食料援助量の約2倍になります。

 また、日本人1人1日あたりに換算すると、136g(およそ茶碗一杯分のご飯の量)が毎日捨てられている計算となります。

 八戸市では年間1,100トンの食品ロスが発生していると推計されております。

  生ごみの減量[サイト内別ページへ移動]

お問い合わせ先

環境部 環境政策課 資源リサイクルグループ

〒031-0801 八戸市江陽三丁目1-111
電話 0178-43-9362
FAX 0178-47-0722