現在使用している農薬は、短期暴露評価に基づいて農薬製造者(メーカー)が使用方法の登録変更を申請した時点で、容器ラベルの記載内容や最終有効年月に関わらず、申請された変更内容の使用方法に従って使用することとなります。
農薬を使用する際は、使用方法の変更が申請または登録されているか、確認しましょう。

使用方法の変更がある農薬について

変更が予想される使用方法の項目

  • 適用作物からの削除
  • 使用できる収穫前日数の延長
  • 使用回数の削減
  • 使用倍率の低下

使用方法の変更が登録された農薬を確認できるホームページなどについて

【リンク先】

 ※農薬製造者(メーカー)については、ホームページや各社の相談窓口を御活用ください。

変更の経緯について 

【リンク先】

お問い合わせ先

農林水産部 農業経営振興センター

〒039-1101 八戸市大字尻内町字毛合清水29
電話 0178-27-9163
FAX 0178-27-9166