融資保証金詐欺とは?

資金繰りに窮した個人事業者や中小企業者に対して、融資する意思がないにもかかわらずはがきやダイレクトメール、FAXなどを送りつけ、融資を申し込んできた者に対し、保証金や手数料等の名目で、現金を口座に振り込ませるなどの方法による降り込め詐欺の一種です。

 

最近発生した被害の特徴は? 

  1. 「東日本大震災の影響で売り上げが減少する恐れのある中小企業に融資します」
  2. 「こんなときだからこそ力を合わせて日本復興を!低金利での融資のご案内」

と記載したFAXを送りつけ、あたかも震災により経営被害を被った会社を救済するかのように欺き、事務手数料や保証金等の名目で現金を騙し取る手口が発生しています。

 

正規の貸金業者は、いかなる名目であっても、融資を前提に現金の振り込みを要求することはありません。

融資保証金詐欺について、くわしくはこちら ⇒ 警察庁ホームページ