~「子供たちが誇れる魅力あるまち 八戸」を目指して~

平成17年2月1日 施行

八戸市ラブホテル建築等規制条例

 ホテル・旅館は、建築基準法では第一種住居地域から準工業地域まで、また、ラブホテルは商業地域のみ建築することができます。しかし近年、施設の構造や設備内容の工夫によって法の規制を受けないラブホテル紛いのホテルが、住宅地の中や学校の近くなどに立地し、その存在が地域住民、周辺学校関係者にとって大きな社会問題となっております。
このことから、八戸市では「八戸市ラブホテル建築等規制条例」を定めました。この条例では、確認申請等の手続きを行う前の旅館業の建築計画の届出と当該建築計画がラブホテルに該当するか否かの判定、ラブホテルの建築に対する同意及び完了検査などをするための必要な事項を定めています。
この条例を制定する目的は、「教育立市」を掲げるまちとして、「住んでよかった、住んでみたい、子ども達が誇れる魅力あるまち 八戸」の実現であります。

    

    八戸市ラブホテル条例リーフレット [2170KB docファイル] 
 

   八戸市ラブホテル建築等規制条例

八戸市ラブホテル建築等規制条例施行規則 


 

お問い合わせ先

都市整備部 建築指導課 建築審査グループ(市庁別館6階)
☎ 電話 0178-43-9438(直通)

  FAX 0178-41-2302(都市政策課内)