江戸~昭和20年/昭和21年~昭和63年平成元年~現在まで

八戸港の出来事(江戸~昭和20年)

年  次 出   来   事
1664年 (寛文 4年) 南部藩から分離し八戸藩(2万石)が創設される
1665年 (寛文 5年) 八戸領内の産物を2隻の船で江戸へ送る
1670年 (寛文10年) 河村瑞賢により東廻り航路が開設され、物資の輸送に利用されるようになる
移出品:大豆、〆粕、魚油、鉄製品等
移入品:木綿、茶、紙、瀬戸物等
1703年 (宝永 3年) 湊川口へ十分一役所が設置される
1706年 (宝永 6年) 白子権兵衛が新堀川(小中野)を改修し、船入り場を整備する
1772年 (明和 9年) 新堀川が洪水により埋没したため付替工事を実施する
1825年 (文政 8年) 鮫浦で150m程の築堤工事が行われる
1826年 (文政 9年) 白銀浜に防波堤が築造される
1881年 (明治14年) 内務省から八戸港実測のためオランダ人技師ローエン・ホルスト・ムルデルが派遣され、翌年港湾計画ができる
1891年 (明治24年) 日本鉄道線(現:東北本線)尻内駅が開業する
1919年 (大正 8年) 鮫漁港の修築事業に着手する
1924年 (大正13年) 青森県鮫港修築事務所が設置される
(現:三八地域県民局地域整備部八戸港管理所)
八戸線が鮫駅まで開通する
1928年 (昭和 3年) 内務省指定港湾となる
1929年 (昭和 4年) 市制が施行(八戸町、小中野町、湊町、鮫村が合併)される
1930年 (昭和 5年) 鮫港と湊港を統一し、「八戸港」に改称する
1932年 (昭和 7年) 漁港修築事業完成、商港第一期修築に着手する
1933年 (昭和 8年) 第一魚市場が開設(大字鮫町)される
1935年 (昭和10年) 第二種重要港湾に指定される
1936年 (昭和11年) 八戸測候所が設置される
1937年 (昭和12年) 仙台土木出張所馬淵川改修事務所が設置される
馬淵川改修工事に着手する(昭和30年放水路完成)
1939年 (昭和14年) 貿易港として開港指定される
函館税関八戸税関支署が設置される
商港第一期修築が完成する
八戸港修築計画(神田構想)が策定される
1940年 (昭和15年) 商港第二期修築に着手する
仙台土木出張所八戸港修築事務所が設置される
(現:国土交通省東北地方整備局八戸港湾空港整備事務所)
1942年 (昭和17年) 海軍委託工事により蕪島が陸続きとなる(昭和18年完成)
1943年

(昭和18年)

東北海運局八戸支局が設置される
(現:東北運輸局青森運輸支局八戸海事事務所)
1944年 (昭和20年) 米軍の空襲により、港内で海防艦「稲木」が撃沈される

 ページの先頭へ

 

八戸港の出来事(昭和21年~昭和63年)
年  次 出   来   事
1947年 (昭和22年) 沈船防波堤工事に着手する(昭和25年完成 L=450m)
1948年 (昭和23年) 八戸海上保安部が設置される
1950年 (昭和25年) 港湾法が公布される
1951年 (昭和26年) 重要港湾に指定される
1952年 (昭和27年) 出入国港に指定される
1953年 (昭和28年) 八戸港港湾管理者が設立される
1954年 (昭和29年) 白銀A岸壁(-9m)に着工する(昭和37年供用)
1956年 (昭和31年) 河原木三角州地帯の臨海工業用地が完成する
1959年 (昭和34年) 植物検疫港に指定される
函館検疫所八戸出張所が設置される
第二魚市場が開設される(江陽四丁目)
1960年 (昭和35年) 特定第三種漁港に指定される
チリ地震津波により被災する(昭和37年復旧完了)
1964年 (昭和39年) 新産業都市に指定される
仙台入国管理事務所八戸港出張所が設置される
八太郎北防波堤に着工する(平成11年完成 L=3,500m)
1965年 (昭和40年) 木材輸入特定港に指定される
東北電波管理局八戸出張所が設置される
1969年 (昭和44年) 穀物輸入特定港に指定される
1971年 (昭和46年) 植物輸入特定港に指定される
横浜植物防疫所塩釜支所八戸出張所が設置される
第二工業港が開港する
1972年 (昭和47年) 八戸大橋に着工する
(昭和51年暫定供用、昭和55年全線開通 L=1,32.7m)
1973年 (昭和48年) 八戸~苫小牧間のカーフェリーが就航する
八太郎大橋に着工する
(昭和52年暫定供用、昭和55年全線開通 L=421.4m)
1975年 (昭和50年) 八太郎3号ふ頭フェリー専用岸壁に着工する(昭和56年完成)
第三魚市場が開設される(大字白銀町)
1976年 (昭和51年) 中央防波堤に着手する(平成18年3月までにL=2,196m概成)
1977年 (昭和52年) 八太郎1号ふ頭E岸壁(-13m)が供用される
1979年 (昭和54年) 八戸~室蘭間のカーフェリーが就航する(平成18年に休止)
八太郎トンネルに着工する
(昭和58年暫定供用、昭和60年全線供用)
1982年 (昭和57年) 八戸飼料コンビナートが操業開始する
1985年 (昭和60年) 八太郎1号ふ頭D岸壁(-13m)が供用される
沈船防波堤3隻のうち2隻を撤去する
1987年 (昭和62年) 中央第二防波堤に着工する
(平成18年3月までにL=1,100m概成)
1988年 (平成63年) ポートアイランド第Ⅰ期工事に着手する
(全体85haのうち第Ⅰ期 A=35ha)

 ページの先頭へ

 

八戸港の出来事(平成元年~現在)

年  次 出   来   事
1991年 (平成 3年)

八太郎2号ふ頭H・I・L・M岸壁(-7.5m)が供用される
シーガルブリッジに着工する(平成9年竣工)
八太郎3号ふ頭緑地が供用される

1993年

(平成 5年)

動物検疫港に指定される
八太郎4号ふ頭P岸壁(-12m)が供用される
外航船入港1万隻を達成する

1994年

(平成 6年)

八太郎E岸壁にガントリークレーンが設置される
八太郎1・2号ふ頭の間にコンテナヤードが整備される
東南アジアコンテナ定期航路が開設される(東北初の国際コンテナ航路)
「三陸はるか沖地震」により被災する(八太郎1・4号ふ頭陥没)

1996年

(平成 8年)

河原木2号ふ頭A岸壁(-14m)が供用される
輸入促進地域(FAZ)に指定される

1997年

(平成 9年)

中国コンテナ定期航路が開設される(平成11年に休止)

1998年

(平成10年)

FAZ基盤施設(貿易センター、国際物流ターミナル)が完成する
韓国コンテナ定期航路が開設される
北米コンテナ定期航路が開設される

1999年

(平成11年)

横浜港との内航フィーダーコンテナ定期航路が開設される

2000年

(平成12年)

ポートアイランド第Ⅱ期工事に着手する
(廃棄物埋立処分場としてA=21ha)

2001年

(平成13年)

八太郎2号ふ頭J岸壁(-13m)が供用される
コンテナターミナルが移転する

2002年

(平成14年)

ガントリークレーンが2基体制となる

2003年

(平成15年)

総合静脈物流拠点港(リサイクルポート)に指定される
耐震強化岸壁(八太郎N岸壁)が供用される
河原木1号ふ頭緑地が供用される

2006年

(平成18年)

東京港との内航フィーダーコンテナ定期航路が開設される
白銀ボートパークが供用される

沼館緑地公園が供用される

2008年 (平成20年)

名古屋港との内航フィーダーコンテナ定期航路が開設される
コンテナヤードの拡張に着手する

  

ページの先頭へ

【年表参考文献】

  • 八戸港沈船防波堤工事誌、運輸省第二港湾建設局八戸港工事事務所、1950年
  • 八戸港修築50年史、八戸市、1968年
  • 八戸港史-1976-、八戸市、1976年
  • 八戸港開港50年のあゆみ、青森県、八戸市、八戸港開港50周年記念式典協賛会、1989年
  • 八戸港50年史、運輸省第二港湾建設局八戸港工事事務所、1990年
  • 八戸港発展の軌跡と平成の歩み、八戸港振興協会、2000年
  • 八戸藩-大名と江戸と国元-、八戸市博物館、2001年