港湾計画とは

 港湾法に基づいて定められる計画であり、重要港湾においては策定の義務があります。

 正式には、「港湾の開発、利用及び保全並びに港湾に隣接する地域の保全に関する政令で定める事項に関する計画」といいます。

 この計画には、港湾の能力、港湾施設の規模と配置、港湾の環境の整備と保全等の事項が定められており、港湾整備のマスタープランとなります。

 

八戸港港湾計画(平成21年11月改訂)

 八戸港を「世界に開かれた北東北のゲートウェイ港湾」と位置づけており、平成30年代後半を目標年次としております。北東北の産業活動を支え、持続的な発展へ貢献することを目指して、下記の方針を定めています。

①北東北を代表する工業港・物流港としての物流機能の強化【物流・産業】

②港への親しみや利用について地域住民等が享受できる魅力ある空間の確保【交流・人流】

③省資源化への対応【環境】

 

目標年次における港湾の能力 

 

平成30年代後半

平成19年実績

 取扱貨物量

外   貿

(うち外貿コンテナ)

1,070万トン

(130万トン、9万TEU)

700万トン

(60万トン、3.2万TEU)

内   貿

(うちフェリー)

2,230万トン

(1,100万トン)

1,860万トン

(950万トン)

合   計

3,300万トン

2,550万トン

船舶乗降旅客数

20万人

15万人

 
 

主な改訂の内容

・コンテナ貨物を集約するためポートアイランドⅢ期地区に多目的物流ターミナルを計画

・ポートアイランドⅡ期地区に大規模エネルギー基地並びに造船関連施設を計画

・RORO船集約と大型客船に対応するためポートアイランドⅠ期地区の岸壁改良を計画

・開放的な親水空間を確保するため沼館地区の第一工業港に面した緑地を計画

・港内の静穏度を確保するため中央第一防波堤の法線の変更を計画

 

 

(イメージ図)

「八戸港の概要」にもどる


 お問い合わせ先  
  • 八戸市建設部 港湾河川課 管理グループ
  • 電話 0178-43-9386(直通)
  • FAX  0178-47-0746