八戸市新商品特定随意契約認定制度

 新商品に取り組む事業者の皆さんを応援します

新商品の生産により新しい事業分野の開拓を図る市内事業者の皆さんを認定します。
詳細はこちら [258KB pdf]   をご覧ください。
平成30年度の募集期間は、平成30年10月22日(月)~平成30年11月30日(金)です。

◆認定されると?
  1. 市で新商品を購入する際、通常の入札制度によらない随意契約による購入が可能となります。
    ※認定自体が新商品の購入を約束するものではありません。
    ※市が物品として購入できるものに限ります。
    ※認定商品の品質等を市が保証するものではございません。
  2. 認定期間中は生産する新商品とともに市のホームページ等で公表され、PR効果が期待できます。
◆認定の要件は? 認定までの流れは?

こちらをご覧下さい ⇒  手引き [166KB pdf] 

◆認定申請の方法は?

認定を受けるためには  新商品生産による新たな事業分野の開拓の実施に関する計画書 [131KB DOC] に必要な書類を添付し、持参にて提出ください。 

◆認定商品

<平成29年度認定商品>              

■認定番号 第15号                                                               

  • 事業者名:旭光通信システム(株)
  • 商品名:太陽光発電式不法投棄監視カメラ
  • 概要:太陽光発電をエネルギー源とする監視カメラ。商用電源がない山間部でも設置可能であり、またセンサー制御により記録装置とカメラが起動するため、バッテリーロスが解消され、従来頻繁に要していたバッテリー交換が不要。

■認定番号 第16号

  • 事業者名:桜総業(株)
  • 商品名:LED照明
  • 概要:LEDを使用した各種照明機器。従来品と比較して使用電力半減を実現しCO2削減に寄与している。また、寿命が約2倍となり、交換時の産業廃棄物削減にも貢献している。

■認定番号 第17号

  • 事業者名:(有)中ペン塗装店
  • 商品名:マグピタペイント
  • 概要:磁石が付くシート(貼材)の塗料版として平成28年に特許を取得。コテ塗り、吹付等従来の工法により漆喰や珪藻土などの下地として磁石が貼り付く建材に変身する。   

■認定番号 第18号

  • 事業者名:サン・コンピュータ(株)
  • 商品名1:自治体情報発信スマホアプリ ふるさと応援アプリ
  • 概要1:地域の情報発信機能+ふるさと納税(寄付申込み)機能を持つスマートフォン用アプリ。機能のSNS連携、情報発信により地域と人をつなげます。
  • 商品名2:ふるさと納税業務支援システム「わがさと」  
  • 概要2:自治体向けのふるさと納税業務支援システム。ふるさと納税に関連する業務を本システムにて対応することにより、業務負担を軽減し、人為的なミスを削減します。  

特定随意契約対象者名簿  
※平成30年2月28日現在、認定しているものです。
 

◆本制度による契約締結状況(購入実績)

これまで制度開始以降、8件の契約を締結しています。 
八戸市新商品特定随意契約制度による締結状況 [74KB pdf] 

◆レッツBuyあおもり新商品事業

青森県では、新商品の開発や新事業創出に積極的に取り組む県内中小企業者等を認定し、県での購入可能性を増やすことで、本県の産業の活性化及び新産業創造につなげるため、「レッツBuyあおもり新商品事業」を実施しています。
詳細は、県のホームページをご覧ください。 

お問い合わせ先
八戸市 商工労働観光部 商工課 商工振興グループ
電話 0178-43-9242
FAX 0178-43-2256