平成28年12月8日及び12月28日に八戸市内で回収された死亡野鳥(オオハクチョウ1羽、オオタカ1羽)から、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されました。
餌付けによりハクチョウやカモ類を寄せ集めることは、野鳥間において、鳥インフルエンザ等の感染症を拡大させるおそれがありますので、餌付けの自粛をお願いします。

詳しくは、青森県庁のホームページをご覧ください。
 ⇒ ハクチョウ等への餌付け自粛について(県庁HP) 
 

  

お問い合わせ先
農林水産部 農林畜産課 農林環境グループ
電話 0178-43-9052
FAX 0178-46-5697