八戸漁港で水揚げされた水産物について、放射性物質の検査結果をお知らせします。

水揚

月日

魚種及び採取海域 放射性セシウム 放射性ヨウ素 調査機関及び分析・測定機関名
Cs-134 Cs-137 I-131

4月29日

マダラ(1kg以上)

東通村尻屋沖

検出されず
(<0.334)

0.283±0.093

-

水産庁

(公財)海洋生物研究所

4月29日

マダラ(1kg以上・肝臓)

東通村尻屋沖

検出されず
(<3.90)

検出されず
(<3.94)

-

水産庁

(公財)海洋生物研究所

4月21日

マダラ(1kg以上)

三沢市天ヶ森

検出されず
(<0.254)

0.287±0.088

-

水産庁

(公財)海洋生物研究所

4月21日

マダラ(1kg以上・肝臓)

三沢市天ヶ森沖

検出されず
(<4.01)

検出されず
(<3.63)

-

水産庁

(公財)海洋生物研究所

4月14日

マダラ(1kg以上)

三沢市天ヶ森

検出されず
(<0.443)

検出されず
(<0.592)

-

水産庁

(株)総合水研究所

4月14日

マダラ(1kg以上・肝臓)

三沢市天ヶ森沖

検出されず
(<5.09)

検出されず
(<4.86)

-

水産庁

(株)総合水研究所

4月15日

マコンブ(養殖)

八戸鮫浦地先

検出されず
(<0.465)

検出されず
(<0.542)

-

水産庁

(一財)日本食品分析センター

4月8日

マダラ(1kg以上)

東通村尻屋沖

検出されず
(<0.401)

検出されず
(<0.500)

-

水産庁

(一社)日本海事検定協会

4月8日

マダラ(1kg以上・肝臓)

東通村尻屋沖

検出されず
(<5.45)

検出されず
(<5.61)

-

水産庁

(一社)日本海事検定協会

検査結果は、それぞれの調査機関での公表のとおり表記しています。

  • 測定値のカッコ内は定量下限値
参考

一般食品の放射性物質暫定規制値(平成24年4月1日から)

  • 放射性セシウム: 100Bq/kg

※放射性ストロンチウム、プルトニウム等を含めて基準値を設定。

魚介類の放射性物質暫定規制値(平成24年3月31日まで)

  • 総放射性セシウム(Cs-134,Cs-137 合計): 500Bq/kg
  • 放射性ヨウ素(I-131): 2,000Bq/kg