「イカの街はちのへ」連絡協議会と八戸市では、日本一のイカ産地ならではのイカ料理を発掘しPRすることで、イカの生産振興及び消費拡大のほか、日本一の産地としての知名度向上を図ることを目的として、8月10日に『第5回 ご当地イカ料理コンテスト』を開催しました。

コンテストの概要

募集及び書類選考

 イカを使用した自作のオリジナルレシピを募集したところ、八戸市内外より88作品の応募をいただき、10名の選考員による書類審査の結果、22作品を最終選考作品として選出いたしました。

【選考員】
主催者2名のほか、8つの団体の皆様に選考員をお務めいただき、計10名の選考員により審査を行いました。(五十音順に掲載、敬称略)

  • 公益社団法人 青森県栄養士会八戸地区会
  • 公益社団法人 全日本司厨士協会北部地方八戸支部
  • 公益社団法人 日本料理研究会八戸支部八戸料理人会
  • 八戸商工会議所女性会
  • 八戸市食生活改善推進員協議会
  • はちのへ女性まちづくり塾生の会
  • 八戸前沖さばブランド推進協議会
  • 八戸みなと漁業協同組合
  • 「イカの街はちのへ」連絡協議会(主催者)
  • 八戸市農林水産部(主催者)

【募集内容】

  • イカを使用した料理であること。(使用するイカの種類や部位、形態(缶詰、加工品等)は問いません。また、主食やおかず等、料理の種類は問いません。)
  • 他のコンテストへの応募、受賞経歴のない未発表の自作レシピ
最終選考

 八戸イカの日である8月10日には、最終的に21作品の試食審査を行い、最優秀賞1点、優秀賞1点及び優良賞2点を決定しました。

【開催日等】

  • 日時:平成30年8月10日(金)10時30分~12時
  • 場所:はちのへポータルミュージアム はっち

【最終選考の様子】

 見た目審査 試食審査 

選考結果

最優秀賞 『さきいかの醸しクッキー』

     

    【特徴・PRポイント】
    香ばしいさきいかの香りとチーズ、さらに酒粕といった発酵食がベストマッチ(バターも発酵バターを使用)。栄養満点なので子供のおやつに、またお酒にも合う一品です。オリジナルの型で見た目も楽しく仕上げました。

    【材料・作り方】さきいかの醸しクッキー [58KB pdf] 

    優秀賞 『縄文五平餅はイカが?』

 

【特徴・PRポイント】
  表面と裏側に隠し包丁を入れてあるので噛み切れやすいようにしました。一口二口で食べやすく、値段も手ごろな小型のイカで作りました。話題の五平餅にイカの腑を合わせ、土器みたいなイカの器に五平餅を入れてみました。

【材料・作り方】縄文五平餅はイカが? [78KB pdf] 

優良賞 『塩辛バタースープチャーハン』

 

【特徴・PRポイント】
   出汁に使ったスルメも残さず使って、旨みたっぷりの一品です!!                            

【材料・作り方】塩辛バタースープチャーハン [53KB pdf]         

優良賞 『イカにおからを詰めちゃいましたよ!』

 

【特徴・PRポイント】
   ・しっとりするように、生豆富を入れます。
・味が薄いときは、お醤油やお好みの調味料をかけてもいいと思います!

【材料・作り方】イカにおからを詰めちゃいましたよ! [50KB pdf]    

その他最終選考作品

  その他の最終選考作品の【特徴・PRポイント】、【材料・作り方】については、下記ファイルをご覧ください。

『第5回ご当地イカ料理コンテスト』最終選考作品一覧 [1028KB pdf] 

表彰式

 表彰式ではかもめ幼稚園によるステージイベントが披露されたほか、八戸市農林水産部長による賞状・副賞の授与、イカの街はちのへ連絡協議会長による講評、受賞者された方との記念撮影などが行われました。
また、会場では冷凍スルメイカが当たるクイズ(提供:八戸みなと漁業協同組合)や「ととや烏賊煎」によるイカ料理のお振舞い(スルメイカ提供:八戸いか釣漁業協議会)も行われました。

  

主催等

  • 主催:「イカの街はちのへ」連絡協議会、八戸市
  • 協力:八戸屋台村みろく横丁、八戸みなと漁業協同組合、八戸いか釣漁業協議会
  • 後援:青森県三八地域県民局