どのようなときに使うの?

次の戸籍関係の証明書を請求するときに使います。

請求できる方

本人、またはその配偶者、直系尊属もしくは直系卑属の方
ただし年齢証明書、身分証明書、独身証明書は本人のみ。届出受理証明書は届出人のみ。

※届出受理証明書は届出人のみ請求できます。
 届出人以外の方が請求する場合は、本人からの委任状が必要です。

※上記以外の方が請求する場合には、正当な理由と関係書類が必要です。
詳しくは、関係書類などをお持ちの上、受付窓口でお尋ねください。

請求の際に必要なもの

  1. 戸籍証明書等の請求書
  2. 本人確認書類
  • 1点で有効なもの
    運転免許証、パスポート、個人番号カード(マイナンバーカード)、顔写真付き住基カードなど、官公署が発行した顔写真付き免許証・許可証・資格証明書など
  • 2点で有効なもの
    【A】健康保険証、介護保険証、後期高齢者医療被保険者証、年金手帳、公的年金証書など
    【B】学生証、診察券、クレジットカード、キャッシュカード、本人名義の通帳、法人が発行した証明書など   
    ・・・【A】から2点、もしくは【A】から1点+【B】から1点

※代理人が請求する場合は、委任状および代理人の本人確認書類が必要です。

※請求できる方以外の方が請求する場合には、正当な理由と関係書類が必要です。
詳しくは、関係書類などをお持ちの上、受付窓口でお尋ねください。

受付窓口

本庁 市民課、南郷事務所、各市民サービスセンターの窓口

受付時間

本庁 市民課

平日/ 8:15~18:00
土曜日/ 8:15~正午
(年末年始を除く)

南郷事務所、各市民サービスセンター窓口

平日/ 8:15~17:00
(年末年始を除く)

手数料

  • 戸籍謄本・抄本(全部・個人事項証明書)      1通 450円
  • 除籍謄本・抄本、改製原戸籍謄本・抄本       1通 750円
  • 戸籍附票全部・一部の写し、身分証明書、年齢証明書 1通 300円
  • 戸籍記載事項証明書、届出受理証明書        1通 350円

その他

  1. 本籍が八戸市の方が対象です。住民票の住所が八戸市であっても、本籍が八戸市以外の方は対象となりません。
  2. 戸籍関係証明書を請求する際は、事前に本籍や筆頭者氏名をご確認ください。正しい記載が行われない場合、証明書をお出しできないことがあります。
  3. 身分証明書および届出受理証明書の請求は、本人・届出人の請求が原則ですので、代理人が請求する場合は、委任状および代理人の本人確認書類が必要です。
  4. 八戸市は、平成25年7月13日に戸籍の電子化を行っております。既に除籍となった方は、電子化後の戸籍には記載されません。戸籍の附票も電子化され、電子化後の附票には、電子化した時点以降の住所のみ記載されます。それ以前の戸籍・住所の履歴が必要な場合は、「改正原戸籍」「改正原附票」を請求することになります。詳しくは戸籍事務の電子化が始まりました」をご覧ください。

※独身証明書を請求される場合は、窓口でお問い合わせください。独身証明書を本人以外の代理人が請求する場合は、本人からの委任状および代理人の方の本人確認書類が必要です。

様式

お問い合わせ先
市民課 窓口グループ
電話 0178-43-9192