婚姻届などの受付の際には本人確認を行っています

近年、一部の市区町村において、虚偽の養子縁組届や婚姻届が増えています。

虚偽の届出がなされ受理されれば、戸籍にその事項が記載されるため、被害者本人が知らない間に各種手続きなどに不具合を生じさせることになり、また被害者本人は多大な精神的苦痛と経済的負担を強いられることになります。

以上のことから、養子縁組届や婚姻届などの受付の際には、戸籍法に基づいた書面審査に加え、届出人がご本人かどうかの本人確認を行っています。

本人確認の対象となる届出

 ■ 婚姻届   ■ 離婚届   ■ 養子縁組届   ■ 養子離縁届   ■ 認知届

 本人確認について

上記の届出の際、窓口において、以下の本人確認書類と確認方法により、届出人の本人確認を行っています。

◆ 本人確認書類として、有効なもの

運転免許証、パスポート、顔写真付き住基カードなど、官公署が発行した顔写真付き免許証・許可証・資格証明書など

※ 届出の際、届出人の本人確認ができなかった場合は、後日、届出人に対して届出がなされた旨を通知します。
  異議などある場合は、市民課までお問い合わせください。 

お問い合わせ先
市民課 戸籍グループ
電話 0178-43-9194(土・日・祝日・年末年始を除く8:15~17:00)