衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査

八戸市長選挙及び八戸市議会議員補欠選挙と同日に行われます

 「広報はちのへ10月号」で八戸市長選挙及び八戸市議会議員補欠選挙についてお知らせしておりましたが、衆議院解散により、同日10月22日(日)に衆議院議員総選挙と最高裁判所裁判官国民審査が行われます。投票できる人や、期日前投票ができる期間などに違いがありますので、お知らせします。
投票は市内92か所の投票所で午前7時から午後8時まで行われます。
私たちの代表として、国政を託する人を選ぶ大切な選挙です。有権者の皆さん、棄権しないで投票しましょう。

投票要件 

投票できる人

 平成11年10月23日までに生まれ、平成29年7月9日(市長・市議補欠選挙は平成29年7月14 日)までに八戸市で住民票が作成された人、または転入届をした人で引き続き3か月以上住民基本台帳に記録され、八戸市の選挙人名簿に登録されている人です。

他の市町村から転入した人

 平成29年7月15日以降に他の市町村から八戸市に転入し、前住所地の選挙人名簿に登録されている人は、今回の選挙は前住所地の市町村での選挙となります。前住所地の選挙管理委員会にお確かめのうえ投票してください。

他の市町村へ転出する人

 現在、八戸市の選挙人名簿に登録されている人が、他の市町村へ転出する場合、今回は八戸市での選挙となります。
※市長・市議補欠選挙は投票日当日までに市外へ転出すると投票できません。

投票所入場券・投票所

 投票所入場券は、ご本人と選挙人名簿との対照(本人であることの確認)や、投票を円滑に行うために郵送しています。

 投票所入場券の投票所欄に記載されている場所が、投票日当日の投票所となります。指定された投票所以外では投票できませんので、よくご確認のうえ投票所へお越しください。

また、投票所所在地については下記投票所一覧もご利用ください。

 →投票所一覧
 入場券が届かなかったり、紛失した場合でも選挙人名簿に登録されていれば投票できますので、投票所の係員に申し出てください。
 選挙人名簿は9月30日現在で作成しましたので、10月1日以降に市内で転居の届け出をした人は、投票所入場券に記載されている転居前の住所の属する投票所で投票してください。

期日前投票・不在者投票等

期日前投票

 投票日に仕事の都合や旅行などで投票に行けない人は期日前投票ができます。

 ※市長· 市議補欠選挙の投票は、10月16日からです。

●投票場所

 (1) 市庁別館2階会議室
期間 10月11日(水)~21日(土)
時間 午前8時30分~午後8時
(2) 南郷事務所1階タイプ印刷室
期間 10月16日(月)~21日(土)
時間 午前8時30分~午後8時
(3) ラピア2階ラピアホール前
期間 10月16日(月)~21日(土)
時間 午前10時~午後7時
(4) 八戸ニュータウンショッピングセンター内ローズガーデン
期間 10月16日(月)~21日(土)
時間 午前10時~午後7時

不在者投票

 旅行や出張などで選挙期間中八戸市外に滞在する場合は、滞在先の市町村選挙管理委員会で不在者投票ができます。
この場合は、あらかじめ下記の不在者投票宣誓書兼請求書に必要事項を記入し、市選挙管理委員会に投票用紙を請求することが必要です。手続きには郵便を用いるため相当の日数を要しますので、早めに手続きをしてください。

 不在者投票宣誓書兼請求書 [167KB pdf] 

 記載例 [172KB pdf] 

あて先 〒031-8686
八戸市内丸1-1-1 八戸市選挙管理委員会

指定施設での不在者投票

 下記リンク先の指定病院等に入院・入所中の人は、その施設の長に申し出ると、その入院・入所場所で不在者投票ができます。

 指定施設一覧

代理投票と点字投票

 手のけがや字が読めないなど、自分で記入ができない人は、投票所の係員にお伝えください。係員が投票のお手伝いをします。
また、目の不自由な人のために、点字器を備えていますので、必要なときは係員にお伝えください。

重い障がいのある人のための郵便投票制度

 身体に重度の障がいを持っているため、選挙があっても投票所に出かけることができない人は、あらかじめ交付を受けた郵便等投票証明書を提出して「郵便等による不在者投票」をすることができます。
また、郵便等による不在者投票ができる人のうち、一定の要件に該当する人は、投票用紙への記入をあらかじめ届け出た人に代理記入をさせることができます。
新たに郵便等投票証明書が必要な人や、代理をさせたい人は、早めに選挙管理委員会事務局までお問い合わせください。
なお、投票用紙を請求できるのは、10月18日(水)までですのでご注意ください。

洋上投票と在外投票
 洋上投票

 指定船舶や便宜置籍船に乗船して日本国外の区域を航行する船員(実習生含む)のための不在者投票制度があり、船舶のファクシミリ装置を用いて投票できます。

在外投票

 日本国民で外国に住んでいる人のための不在者投票制度です。あらかじめ在外選挙人証の交付を受けている人が投票できます。

選挙公報・審査公報を配布 

 候補者の政見・経歴などを掲載した選挙公報を、10月20日(金)までに各世帯に配布する予定です。
届かないときは、選挙管理委員会事務局へ連絡していただくか、または各公民館・市民サービスセンターなどにも備えていますのでご利用ください。

 「衆議院議員総選挙における候補者・名簿届出政党等情報」及び「最高裁判所裁判官国民審査における審査対象裁判官情報」はこちらからご覧ください。

[青森県選挙管理委員会]「衆議院議員総選挙における候補者・名簿届出政党等情報」

⇒[青森県選挙管理委員会]「最高裁判所裁判官国民審査における審査対象裁判官情報」

学生の住所と選挙権

 八戸市から離れて就学している場合は、八戸市に住民票があっても八戸市に住所がないものとみなされ、投票できませんのでご注意ください。

 また、就学地に住所を移していない場合には、その就学地の選挙人名簿にも登録されませんので、就学地に住民票を移しましょう。