社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の開始に伴い、平成29年度分の市民税・県民税申告書から、申告者本人や控除対象配偶者、扶養親族、事業専従者の個人番号(マイナンバー)の記載が必要となります。

 また、なりすまし等をふせぐため、申告する人の本人確認(番号確認と身元確認)を行いますので、次の確認書類をお持ちください。

※控除対象配偶者や扶養親族、事業専従者の本人確認は行いません。申告者が確認の上、正しく記入してください。

ご本人が申告書を提出する場合

(1)番号確認 ・・・記載された個人番号(マイナンバー)が正しいことを確認します。

 以下のいずれかの書類をご提示ください。

 ・通知カード

 ・マイナンバーカード(個人番号カード)  ※番号確認と身元確認が1つで済みます。

 ・住民票の写し ※個人番号(マイナンバー)が記載されたもの  など

(2)身元確認 ・・・申告者本人であることを確認します。

 以下のいずれかの書類をご提示ください。

 ・マイナンバーカード(個人番号カード)  ※番号確認と身元確認が1つで済みます。

 ・運転免許証やパスポート、障害者手帳など、顔写真付き証明書類 1点

 ・健康保険証や年金手帳など 1点

 ・その他顔写真なしの証明書類(住所・氏名・生年月日が分かるもの)2点  など

代理人が申告書を提出する場合

(1)申告者の番号確認・・・ 記載された個人番号(マイナンバー)が正しいことを確認します。

 以下のいずれかの書類をご提示ください。

 ・通知カード

 ・マイナンバーカード(個人番号カード)  

 ・住民票の写し ※個人番号(マイナンバー)が記載されたもの  など

(2)代理権の確認・・・ 申告者本人から委任されていることを確認します。

 以下のいずれかの書類をご提示ください。

 ・法定代理人 - 戸籍謄本、税務代理権限証書

 ・任意代理人 - 委任状

          委任状 [91KB PDF]  委任状(記入例) [107KB PDF] 

 ・本人しか持ちえないもの(例:マイナンバーカード(個人番号カード)、健康保険証)

(3)代理人の身元確認・・・ 委任を受けた代理人本人であることを確認します。

 以下のいずれかの書類をご提示ください。

 ・運転免許証やパスポート、障害者手帳など、顔写真付き証明書類 1点

 ・その他顔写真なしの証明書類(住所・氏名・生年月日が分かるもの)2点  など

申告書を郵送で提出する場合

申告書を郵送で提出する場合は、上記の「ご本人が申告書を提出する場合」または「代理人が申告書を提出する場合」で提示いただく書類のコピー(写し)を同封してください。

※ただし、委任状は原本を提出してください。

※詳しくご覧になりたい方はこちらをご覧ください。 ⇒ 窓口等での本人確認について