八戸市文化のまちづくりビジョン

八戸市では、文化財や伝統芸能の保存・活用、市民の多種多様な文化活動の支援、アートプロジェクトの実施等により、文化芸術の創造性を生かしたまちづくりを進めてきました。
平成25年度には、市民・大学・企業・行政等が連携・協力し、文化芸術の持つ創造性を活用して、地域振興、観光・産業振興等に成果を挙げているとして、文化芸術創造都市部門における文化庁長官表彰を受彰しました。
今後も、さらなるまちの魅力づくりを推進していくため、文化芸術施策の基本指針となる「八戸市文化のまちづくりビジョン」を策定しました。

八戸市文化のまちづくりビジョン

 八戸市文化のまちづくりビジョン [288KB PDF] 

概要版

 八戸市文化のまちづくりビジョン(概要版) [163KB PDF] 
 

八戸市は、文化芸術の分野におけるまちづくりを着実に進め、
「文化芸術を通して市民が生き生きと心豊かに暮らせるまち、
文化芸術の力を活用した魅力あふれるまち、八戸の実現」
を目指し、多様な主体との協働により、まちの価値と魅力を創出します。
取組の基本方針 
  • 基本方針1 生活に文化芸術が溶け込む環境づくり
    ・「多文化都市八戸」の推進
    ・あらゆる人が文化芸術に触れることのできる仕組みづくり
    ・市民の感性を高める文化芸術活動の支援
     
  • 基本方針2 文化芸術がひらく八戸の未来づくり
    ・地域固有の文化の継承
    ・地域資源の再評価
    ・地域資源の活用
     
  • 基本方針3 文化芸術の創造性を活かしたまちづくり
    ・「アートのまちづくり」の推進
    ・創造産業の活性化
    ・八戸の魅力の発信