市民を対象に、知性を磨き、薫り高い教養を身に付ける生涯学習の場として、昭和45年度に開設。文学・スポーツ・政治経済・家庭教育・環境など、広範多岐にわたる講師をお招きし、豊富な内容の情報を提供しています。

受講料・申し込みは不要ですので、皆様お気軽にご来場ください。

 平成26年度(前期)の市民大学講座スケジュール

第1講義

5月14日(水)
開講式:18:15~

講演:18:30 ~ 20:00

会場:八戸市公会堂 [地図]
※託児室を用意しています

演題:心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」

講師:精神科医
    名越 康文 (なこし・やすふみ)
 1960年奈良県生まれ。精神科医。相愛大学客員教授。専門は思春期精神医学,精神療法。近畿大学医学部卒業。大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて,精神科救急病棟の設立,責任者を経て,1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で,テレビ・ラジオでコメンテーター,映画評論,漫画分析など様々な分野で活躍中。主な著書に『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行),『質問です。』(飛鳥新社),『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院),『毎日トクしている人の秘密』(PHP)などがある。

第2講義

5月21日(水)
講演:18:30 ~ 20:00

会場:八戸市公会堂文化ホール [地図]

演題:介護講談~ホトケ心であっ晴れ介護~

講師:講談師   

   田辺 鶴瑛 (たなべ・かくえい)
 1955年北海道函館市生まれ。札幌藤女子短期大学別科卒業。18歳から3年間,入院する実母に付き添い,30代で義母を介護。2005年からは義父を自宅で介護し,2011年に在宅看取り。ホームヘルパー2級。1990年に講談師・田辺一鶴氏に弟子入り。古典に取り組むとともに,1994年より介護講談を始め,日本全国をまわり,新聞・テレビでも大きな話題となる。2013年より自宅を開放してサロンと自宅寄席を開催し,子育て支援をはじめ地域との連携を深める活動を展開している。著書に,『ぴんぴんころりでいきましょう』(文芸社),『ふまじめ介護』(主婦と生活社)がある。 

第3講義 5月28日(水)
講演:18:30 ~ 20:00

会場:八戸市公会堂文化ホール [地図]

演題:ゾウの時間・ネズミの時間・私の時間

講師:東京工業大学名誉教授、生物学者

   本川 達雄 (もとかわ・たつお)
 1948年仙台市生まれ。1971年東京大学理学部生物学科卒業。東京大学助手,琉球大学助教授を経て,1991年から2014年3月まで東京工業大学教授。専門は生物学。特に棘皮(キョクヒ)動物(ナマコ,ウニの仲間)の硬さの変わる結合組織の研究や,サイズの生物学。科学とは自然の見方,つまり世界観を与えるものだという考えのもと,生物学的世界観を分かりやすく説く著書を執筆。歌う生物学者としても知られ,高校生物の内容を歌で覚えるCD付きの参考書『歌う生物学必修編』も出版。これらの功績が認められ,2007年科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞理解増進部門を受賞。

第4講義 6月7日(土)
講演:13:30 ~ 15:00

会場:南郷文化ホール [地図]

※いつもと会場・時間が違います

演題:粗食のすすめ
講師:フーズ&ヘルス研究所代表、管理栄養士

   幕内 秀夫 (まくうち・ひでお)
 1953年茨城県土浦市生まれ。東京農業大学栄養学科卒業。管理栄養士。日本列島を歩いての縦断や横断を重ねた末に「FOODは風土」を提唱。山梨県の長寿村棡原を知り,伝統食と健康に関わる研究を行う。帯津三敬病院(川越市)において,約20年にわたり食事相談を担当。現在は,フーズ&ヘルス研究所代表。社員食堂の改革,プロスポーツ選手の個人指導,保育園・幼稚園の給食改革などを行い,学校給食と子どもの健康を考える会代表も務めている。ベストセラー『粗食のすすめ』(新潮文庫)の著者。近著に『粗食のきほん~ごはんと味噌汁だけあればいい~』(ブックマン社)がある。

第5講義 6月18日(水)
講演:18:00 ~ 19:30

会場:八戸市公会堂 [地図]

※いつもと時間が違います

※託児室を用意しています

演題:今日の風、なに色?

   ~息子・辻井伸行と歩んだ道のり~
講師:ピアニスト辻井伸行氏の母
  辻井 いつ子 (つじい・いつこ)
 1960年東京都生まれ。フリーアナウンサーとして活躍後,86年に結婚。88年に生まれた長男・伸行氏が生後間もなく全盲とわかり,絶望と不安の中,育児書や子育てマニュアルが全く役に立たないところから手探りで子育てをスタートする。「明るく,楽しく,あきらめない」をモットーに,常に子どもの可能性を信じ,よく見て,ほめる「親ばか」の子育てで,生後8か月で伸行氏の音楽の才能を見つけ、プロのピアニストへと二人三脚で歩む。伸行氏は2009年6月 第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで日本人初の優勝を果たす。著書に『親ばか力~子どもの才能を引き出す10の法則』(アスコム)など。

 ※八戸市家庭教育研修会併催

第6講義 6月25日(水)
講演:18:30 ~ 20:00

会場:八戸市公会堂文化ホール [地図]

演題:アベノミクスはどこへ行くのか~経済報道の視点から~
講師:(株)日本経済新聞社常務取締役、八戸大使

        長谷部 剛 (はせべ・つよし)
 1957年八戸市生まれ。1976年青森県立八戸高等学校,1980年早稲田大学政治経済学部卒業。同年,日本経済新聞社入社。大阪編集局社会部を皮切りに名古屋編集部,東京編集局経済解説部,同経済部で記者として第一線で活躍。その後,秘書室長,東京編集局経済部長,同編集局次長,経営企画室長等の要職を歴任。2012年3月より現職に就任。

第7講義 7月2日(水)
講演:18:30 ~ 20:00

会場:八戸市公会堂文化ホール [地図]

演題:生涯学習時代を生きる

講師:八戸学院大学学長補佐、ビジネス学部教授
  石橋 修 (いしばし・おさむ)
  1953年むつ市大畑町生まれ。1981年早稲田大学大学院文学研究科博士前期課程修了。早稲田大学在学中は競走部に所属し,キャプテンとして箱根駅伝の第5区を走る。青森山田高校や青森大学の陸上競技部監督を経て,2013年から八戸学院大学陸上競技部部長に就任。全日本大学女子駅伝出場を目指し奮闘中。専門は社会教育,子どもの権利論。青森県や青森市の社会教育委員関係の要職を歴任し,現在は青森県青少年健全育成審議会副会長(図書類等部会長)や青森陸上競技協会理事。RAB青森放送青森県民駅伝テレビ中継解説も担当している。弘前大学,県立保健大学,青森大学の非常勤講師も兼任。

第8講義 7月9日(水)
講演:18:30 ~ 20:00

会場:八戸市公会堂文化ホール [地図]

 ※託児室を用意しています

演題:「しんかい6500」世界一周航海

    ~深海で生命の神秘と限界に迫る~
講師:独立行政法人 海洋研究開発機構 上席研究員

   北里 (きたざと・ひろし)
 1948年東京都生まれ。1976年東北大学大学院理学研究科博士課程修了。静岡大学理学部助手,助教授,教授を経て,2002年海洋科学技術センター(現・海洋研究開発機構)入所。2014年4月から現職に就任。日本学術会議第三部会員(第21・22期),地球惑星科学連合地球生命科学セクションプレジデント,自然史学会連合代表,国際古生物学協会副会長も務める。専門は地球生命科学,深海生物学,海洋微古生物学,地質学。現在は海洋研究開発機構が誇る先端的な海洋観測機器を用いて海洋生物,とくに有孔虫類の起源,進化そして生態に関する研究を行っている。

第9講義 7月15日(火)
講演:18:30 ~ 20:00

会場:八戸市公会堂文化ホール [地図]
 

演題:武士の評判記~幕府役人の出世と行動~
講師:東京大学史料編纂所教授
       山本 博文 (やまもと・ひろふみ)
 1957年岡山県津山市に生まれる。東京大学文学部卒業。同大学大学院修士課程修了後,東京大学史料編纂所助手となり,助教授を経て現職。91年『幕藩制の成立と近世の国制』により東京大学から文学博士の学位を授与される。92年,『江戸お留守居役の日記』により第40回日本エッセイストクラブ賞受賞。BS-TBS『謎解き!江戸のススメ』,NHK・Eテレ『知恵泉』などテレビ出演多数。NHK総合『タイムスクープハンター』,NHK・BSプレミアム『雲霧仁左衛門』など時代考証も手がける。主な著書に『日本史の一級史料』『現代語訳・武士道』『日曜日の歴史学』『「忠臣蔵」の決算書』『赤穂浪士と四十六士』『歴史をつかむ技法』などがある。

第10講義 7月23日(水)
講演:18:30 ~ 20:00

会場:八戸市公会堂 [地図]
※託児室を用意しています

演題:残したい 伝えたい 日本の歌
講師:声楽家

   安田 祥子 (やすだ・さちこ) 
 幼少の頃よりひばり児童合唱団に所属し,童謡歌手として活躍。その後,クラシックを学ぶべく東京芸術大学に入学し,大学院修士課程修了。1966年オペラ「フィガロの結婚」のスザンナ役でデビュー。ニューヨークのジュリアード音楽院,ロチェスターのイーストマン音楽院に学ぶ機会を得る。帰国後,日本歌曲によるリサイタルなどを開催。東京芸術大学講師を18年続けたが,コンサート活動に専心するため勇退。妹,由紀さおりと86年にスタートしたコンサートは国内外で2500回以上の公演を重ねる。2013年7月,童謡,唱歌などを通じ、日本語の美しさや日本人の心を広く伝えた活動が評価され,文部科学大臣表彰を受ける。財団法人日本フォスター・プラン協会評議員,草苑保育専門学校の特認講師。

  • 開場は、原則、講義開始の1時間前となります。
  • 定員になり次第、ご入場をお断りする場合がございますのでご了承ください。
  • 託児室のご利用を希望される方は、1週間前までに社会教育課へお申込ください(定員になり次第締め切り)。
  • 全20講義のうち13講義以上出席の方へ修了証書を発行いたします。
    発行をご希望の方は、ご出席の際に受付へ認定カードをご掲示ください。

  

お問い合わせ先
八戸市民大学講座事務局(教育委員会社会教育課内)
電話 0178-43-9154
FAX 0178-47-4997