是川字中居(なかい)に所在する清水寺(せいすいじ)は、山号を楞巌山(りょうごんざん)と称し、その草創は平安時代にさかのぼり高僧慈覚大師(じかくだいし)によると伝えられています。もともと天台宗でしたが、明治時代に浄土真宗に改宗しています。
   この観音堂は、堂内に残されている棟札から、天正9年(1581)に建立されたことが分かっており、県内最古の木造建築として知られています。
   鎌倉時代に中国から伝わった禅宗様(ぜんしゅうよう)という様式を主体として造られており、所々の彫刻には室町時代の特徴を持った文様も残されています。構造は、桁行3間、梁行3間の一重宝形造(ほうぎょうづくり)で、茅葺屋根となってい棟札ます。
   禅宗様の中世的仏堂として東北地方北部の貴重な遺構で、昭和55年に国の重要文化財に指定され、翌56年から58年にかけて解体復元工事が行われました。
   観音堂には産馬育成の祈願等の絵馬が奉納されており、寛文8年(1668)のものから明治初期のものまでありますが、現在、そのほとんどは八戸市博物館に寄託されて保存管理されています。
   また、清水寺観音堂は、糠部(ぬかのぶ)33観音札所の第2番札所となっており、古くから人々の厚い信仰を受けていたことが知られます。
      棟 札 
 
観音堂
国重要文化財:清水寺観音堂
案内図

 ←目次に戻る 次へ進む→

お問い合わせ先

教育委員会 社会教育課 文化財グループ
電話 0178-43-9465
FAX 0178-47-4997