「八戸の歴史双書」として、様々な刊行物を出版しています。
あるテーマを取り上げてわかりやすくコンパクトにまとめた「読み物シリーズ」と、断片的に収録したのでは資料的価値が生きてこないものを一つの資料集としてまとめた「復刻シリーズ」の二種類です(「復刻シリーズ」は史料の原本を活字化したもので、現代語訳したものではありませんので、ご注意ください)。

 

 

 

読み物シリーズ

 

復刻シリーズ

●『概説 八戸三社大祭』
工藤竹久 著

 

●『八戸藩遠山家日記』第六巻

 読み物シリーズとしては10年ぶりの刊行です。江戸時代から現代までの八戸三社大祭の歴史を、時代順にわかりやすく説明しています。

定価 1,890円(税込)

(A5判 207P)

 

 遠山家日記六冊目の発刊となりました。

 第六巻は、弘化4年から嘉永5年までの日記を収録しており、遠山家八代当主庄太夫の江戸勤番の様子や、冠婚葬祭、年中行事の詳細な事柄、八戸の菊作りについての記述がみられます。

定価 2,570円(税込)

(A5判)

         

 ●『八戸の漁業・近代編』
山根勢五 著

 

●『八戸藩遠山家日記』第一~五巻

 漁獲活動を中心に、明治以降の八戸地方における漁業の展開の足跡をたどりました。
明治時代では長谷川藤次郎や鯨騒擾事件、大正時代の鮫漁港修築・ニシン出稼ぎ、昭和以降の八戸魚市場の成立などをとりあげています。
八戸の漁業・近代編表紙
定価 1,130円(税込)
(B6判 196P)
   八戸市文化財に指定されている「遠山家旧蔵本」が解読され、現代によみがえりました!
日記には、武家の冠婚葬祭に関わる事柄をはじめ、当時の武家生活が詳細に記されています。
詳細はこちら! [297KB pdf]

八戸藩遠山家日記第一巻表紙
定価 2,570円(税込)

(A5判)

         

●『近代八戸地方の農村生活』
舘花久二男 著

  ●『江戸期八戸の日記集』
 八戸における農民の農作業、習慣にはどのようなものがあったのでしょうか。著者が、戦前の農村生活について自身の体験談や古老の話などを元に書き下ろしました。
昭和初期の開墾体験談やオシラサマに関わる行事なども掲載されています。
詳細はこちら! [297KB pdf]
近代八戸地方の農村生活表紙
定価 1,130円(税込)
(B6判 173P)
   江戸時代の八戸を語る「盛岡藩雑書」「川勝家日記」「淵沢家日記」の3つの貴重な日記を掲載しました。
八戸藩成立前の八戸の町づくりの様子から、宝暦年間、文政~天保年間までの八戸の村の様子や武士や農民たちの生活が手に取るように分かります。

詳細はこちら! [123KB pdf]

江戸期八戸の日記集表紙
定価 2,980円(税込)

(A5判 651P)

         

●『八戸藩の武芸』
太田尚充 著

 

●『明治・大正の八戸市街図と

三戸郡誌

 八戸藩の「御家流」武芸となった甲州流軍学が、八戸藩に取り入れられたその裏には、ある藩士の決意が隠されていました。
この本は、「御家流」を中心に、神道無念流など八戸藩の多様な武芸を紹介、また、北村益の『八戸武芸名人録』には、梁田平次をはじめとした武芸者の逸話を掲載しています。

詳細はこちら! [123KB pdf]

八戸藩の武芸表紙
定価 1,330円 (税込)

(B6判 212P)

 

 この本は、明治20年代、大正時代にそれぞれ発行された八戸市街図と明治10年代の三戸郡地誌を復刻した貴重な一冊です。
市街図では、八戸の町並みを彩った商家や役所、学校が当時の様子を見事に伝えています。三戸郡誌は明治初期の八戸や三戸・五戸など町村の歴史をいきいきと描写しています。

明治大正の八戸市街図と三戸郡誌表紙
定価 2,770円(税込)
(A5判 475P)

         

●『八戸の女性史』
島守光雄 著

  ●『八戸の神社寺院由来集』

 八戸には、逆境の中で自らの進路を開拓してきた女性が数多くいます。男性本位の社会が行き詰まりを見せている現代こそ、彼女たちの知恵に学ぶところは多いと思います。
八戸藩主の側室から八戸を代表する羽仁もと子や千葉学園の創始者である千葉くらなどのエピソードが満載です。

八戸の女性史表紙
定価 1,330円(税込)

(B5判 205P)
残部わずか

 

 この本には八戸地方の神社寺院の縁起や由来が集められています。
「八戸ほこらさがし」「類家稲荷縁起」「御前神社縁起」「小田八幡宮縁起」「御領内寺院来由」「諸寺院寺号山号帳」など盛りだくさんです。

八戸の神社寺院由来集
定価 2,900円
(A5判 346P)

完売御礼

         

●『八戸の安藤昌益』
稲葉克夫 著

 

●『八戸藩士 系譜書上』

 江戸時代、八戸で「自然真営道」や「統道真伝」など驚天動地の著述をし、封建制度に対して根本的な批判を提起した、医師にして思想家・安藤昌益。
現代の私たちにとって、昌益がどのような意味をもっているか、その全体像
再構築しました。

八戸の安藤昌益
定価 820円(税込)

(B6判 193P)

   八戸藩の侍たちが自分たちの家系の由来を記したものです。
300家にのぼる八戸藩士が「家の起こり」「当主名」「祿高」「歴代当主と経歴」を書き上げ、さらに「家紋」をつけているのが特色です。

系譜書上
定価 2,500円
(A5判 708P)

完売御礼

         

●『八戸の民俗芸能』
阿部達 著

 

 ●『八戸南部史稿』

 八戸には「三社大祭」「えんぶり」をはじめ、「山伏神楽」「大神楽」「虎舞」「駒踊り」と極めて多彩かつ華やかな民俗芸能があります。今日のようにめまぐるしい世の中では、民俗芸能に目を向け、また古い風俗習慣を残していくというのは容易ではありません。
この本を通して、多くの人が八戸の民俗、芸能を見直し、継承していくことを期待したいと思います

八戸の民俗芸能
定価 1,300円
(B6判 212P)

完売御礼

 

 郷土史研究の先駆者前田利見が編集し、本文は歴代藩主ごとに、その治世中の歴史事項を書き記しています。

 内容は八戸藩目付所日記をはじめ、旧藩士などが所蔵している諸書を参考にしながら八戸藩政の主要な事項を選び、八戸藩政の歴史的あゆみを描いています。

八戸南部史稿
定価 2,100円
(A5判 568P)

完売御礼

         

●『八戸藩の歴史』
工藤祐董 著


 八戸藩は小藩ではありますが、二代藩主直政が五代将軍綱吉の側用人に登用されたり、九代藩主信順が72万9千石余の大名島津家から婿養子に入り従四位下侍従に叙任され、破格の待遇を受けた事実があります。また、江戸時代において、現代の公的共済組合に類し、かつ藩営の庶民の金融機関ともいうべき「舫(もやい)」を有するなどユニークな面があります。

八戸藩の歴史表紙
定価 1,500円
(B6判 194P)

完売御礼

     

 

お問い合わせ先

八戸市立図書館 歴史資料グループ
電話 0178-73-3234(FAX兼用)

メール shishi◎city.hachinohe.aomori.jp(◎を@に替えて送信ください)