市民を対象に、知性を磨き、薫り高い教養を身に付ける生涯学習の場として、昭和45年度に開設。文学・スポーツ・政治経済・家庭教育・環境など、広範多岐にわたる講師をお招きし、豊富な内容の情報を提供しています。

受講料・申し込みは不要ですので、皆様お気軽にご来場ください。

25年度の八戸市民大学講座の日程はすべて終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

26年度の日程は、決まり次第、チラシ・ポスター、ホームページなどでお知らせします

平成25年度(前期)のスケジュールはこちら

 平成25年度(後期)の市民大学講座スケジュール

第11講義

8月21日(水)
講演:18:30 ~ 20:00

会場:八戸市公会堂文化ホール [地図]

※託児室を用意しております

 

演題: いま、なぜ「ならぬことはならぬ」か
講師: 會津藩校日新館館長   

   宗像 精(むなかた・ただし)
 1933年生まれ。福島県猪苗代町出身。会津若松市立第一中学校長,会津若松市教育長を歴任。「あいづっこ宣言」策定委員会座長を務める。現在は會津藩校日新館館長として,道徳心・倫理観を主にした後世の指導にあたっている。かつて會津武士の子どもが学んだ日新館の教えに基づき,自身の経験を踏まえながら,誠実・忍耐などを含む「日本の規範」,論語や儒教の教えを例にして,昔の日本の精神性の高さや日本人のあるべき姿を広く伝えている。 

※八戸市家庭教育研修会 併催

第12講義 8月28日(水)
講演:18:30 ~ 20:00

会場:八戸市公会堂文化ホール [地図]

※託児室を用意しております

 

演題: からだの調子がどんどんよくなる生活習慣

    「調身」「調息」「調心」
講師:健康アドバイザー、八戸市出身
長島 寿恵(ながしま・ひさえ)
 八戸市生まれ。県立八戸高等学校卒業。東京薬科大学卒業後,長年にわたって漢方薬局や調剤薬局等に勤務しながら,フィットネスインストラクターとして活動。現在は健康になる為の運動や食生活,心のあり方の改善を提案している。西洋医学を基本に漢方など東洋医学の知恵を積極的に取り入れた「自然治癒力を高める健康法」は多くの支持を得ている。全国自治体,企業の生活習慣病予防の講演の他,最近では心理カウンセラーとして,企業の管理職・従業員のための心の健康づくりのアドバイザーとしても活躍している。(薬剤師,西東京糖尿病療養指導士,健康・食育マスター) 

※スポーツ・健康・ダイエットフォーラム 併催

第13講義 8月31日(土)
講演:13:30 ~ 15:00

会場:八戸市公会堂文化ホール [地図]

※いつもと時間が違います

 

演題: 楽しく生きる!夢中に生きる!

   -演劇しか知らないボクの八方破れ人生-
講師:俳優、演出家
 串田 和美(くしだ・かずよし)
 1942年東京都生まれ。日本大学芸術学部中退,俳優座養成所卒業。1966年、吉田日出子,地井武男,村井国夫らと共に劇団・自由劇場(後にオンシアター自由劇場)を設立。1985年東急文化村シアターコクーン初代芸術監督に就任。現・まつもと市民芸術館芸術監督。主な作品に「上海バンスキング」「夏祭浪花鑑」など。1994年に中村勘三郎と始めたコクーン歌舞伎は現在もなお続いている。また映像では,朝の連続ドラマ小説「おひさま」のそば屋の主人・丸山道夫を好演。他に「はつ恋」「突入せよ!あさま山荘事件」など。2000年より日本大学芸術学部教授。芸術選奨文部科学大臣賞,読売演劇最優秀演出家賞,紫綬褒章などを受賞。 

第14講義 9月21日(土)
講演:13:30 ~ 15:00

会場:八戸市南郷文化ホール [地図]

※いつもと会場・時間が違います

 

演題:いつも何かにときめいていよう!
講師:女優   

        藤田 弓子(ふじた・ゆみこ)
  1945年東京都生まれ。1964年都立城南高等学校卒業後,文学座付属演劇研究所に入る。1967年に「カンガルー」で初舞台,1968年のNHK連続テレビ小説「あしたこそ」でヒロインデビュー。1973年から2年間フジテレビ系「小川宏ショー」のサブ司会者として朝の顔となる。NHK「連想ゲーム」の女性チーム7代目紅組キャプテンとなりお茶の間の人気を集める。「ミス・マープル」の吹き替えやテレビ朝日系人気番組「痛快!ビックダディ」のナレーションなど幅広く活躍。また,伊豆地域全体の芸術文化振興を目的として設立したアマチュア劇団,伊豆の国市付属劇団「いず夢」の座長として地域に貢献している。

第15講義 9月26日(木)
講演:18:30 ~ 20:00

会場:八戸市公会堂文化ホール [地図]

※託児室を用意しております

 

演題:家庭の中から環境を考えよう
講師:漫画家
赤星 たみこ(あかぼし・たみこ)
 宮崎県日之影町生まれ。1979年講談社「mimi(ミミ)」でマンガ家デビュー。少女マンガから成年マンガ,エッセイなどで幅広い層に支持されている。映画化,テレビ化された作品も数多い。多忙な仕事でゴミ出しがままならないことから始めた,ゴミを少なくする工夫や,趣味で始めたエコロジーが高じて,今では環境問題を考える講演会でもひっぱりだこ。分かりやすくてためになると大好評。また,環境省から3R推進マイスターの委嘱を受けている。

第16講義 10月2日(水)
講演:18:30 ~ 20:00

会場:八戸市公会堂文化ホール [地図]

 

演題:中国の海洋進出と東シナ海情勢
講師:元自衛艦隊司令官        

   香田 洋二(こうだ・ようじ)
 1949年徳島県生まれ。1972年防衛大学校卒業後,海上自衛隊入隊。1990年3月,護衛艦「さわゆき」艦長就任。1999年12月から第3護衛隊群司令となり,2000年9月にロシア海軍の戦略ミサイル原潜基地であるカムチャツカ半島ペトロパブロフスク市を戦後初の外国軍指揮官として訪問。その後,海幕防衛部長として米国同時多発テロの際の海上自衛隊インド洋支援部隊派遣の主務を担当するなど要職を歴任する。2008年8月,第36代自衛艦隊司令官を最後に海上自衛隊を退職。2009年から2011年の2年間,米国ハーバード大学アジアセンター上席研究員として招へいされ,中国海洋戦略について研究。

第17講義 10月9日(水)
講演:18:30 ~ 20:00

会場:八戸市公会堂文化ホール [地図]

  演題:薩摩焼の伝統と未来
講師:沈壽官窯主宰
 十五代 沈 壽官(ちん・じゅかん)
 1959年鹿児島県生まれ。1983年早稲田大学教育学部卒業。1984年京都市立工業試験場,1985年京都府立陶工高等技術専門校をそれぞれ修了。その後イタリアに渡り,1988年国立美術陶芸学校卒業。1990年から大韓民国京畿道の金一萬土器工場にてキムチ壺制作修業に入る。1999年1月15日,十五代 沈壽官を襲名。日本国内はもとより,大韓民国,米国など海外の展覧会にも精力的に作品を出品。2010年10月にはパリ・エトワール美術館にて「歴代沈壽官展」を開催。大好評を博す。2011年12月,大韓民国南原市名誉市民に推挙される。

第18講義

10月16日(水)
講演:18:30 ~ 20:00

会場:八戸市公会堂文化ホール [地図]

 

演題:地域伝統音楽の保存へ夢の装置!

   ~えっ!三味線を弾けば即譜面が出来るって本当?~
講師:八戸工業大学大学院教授
小坂谷 壽一(こさかや・じゅいち)
 1952年福島市生まれ。東京工業大学大学院博士課程修了。工学博士。技術士。民間企業にて研究・開発職に従事後,2005年八戸工業大学に赴任。専門はコンピュータシステム,音響工学など。八戸に赴任後三味線を習い始め,ふとしたきっかけから譜面の無い伝統音楽(南部・津軽三味線)の自動採譜化(西洋楽譜と三味線譜)に取り組み,その成果はNHK「NC9(特集)」を始め,テレビ・新聞などで数多く取り上げられる。現在,これら伝統音楽のアーカイブ化に取り組んでいる。

第19講義 10月23日(水)
講演:18:30 ~ 20:00

会場:八戸市公会堂文化ホール [地図]

※託児室を用意しております

 

演題:共同参画で四角じゃない丸い社会
講師:落語家
       笑福亭 松枝(しょうふくてい・しょうし)

 1950年大阪府貝塚市生まれ。1969年大阪府立岸和田高校卒業,同年3月,故6代目笑福亭松鶴(しょかく)に入門。1999年文化庁・芸術祭,落語「立ち切れ」にて優秀賞受賞。上方落語協会理事・同協会調査委員長・同協会番組編成委員などを兼任。レパートリーは古典落語100席新作落語10席。笑ってもらうことを不可欠に,日常生活の中での小さな発見や反省・感謝などを自らの体験をもとに落語を通して伝える講演を心がけている。著書に『松枝の世相落とし噺100』『当世落語家事情』『ためいき坂くちぶえ坂』がある。神戸新聞夕刊にエッセイ「松枝のまくら草紙」連載中。

第20講義 11月13日(水)
修了式:18:15~
講演:18:30 ~ 20:00

会場:八戸市公会堂 [地図]
※託児室を用意しております

 

演題:人生を楽しんだ偉人・奇人
講師:作家

    荒俣 宏(あらまた・ひろし)
 1947年東京都生まれ。1970年慶応義塾大学法学部卒業後,日魯漁業に入社。コンピュータ・プログラマーとしてサラリーマン生活を送る傍ら,雑誌『怪奇と幻想』を編集。英米幻想文学の翻訳・評論と神秘学研究を続ける。1979年に退社,翻訳家として独立。1987年大河小説『帝都物語』シリーズが350万部のベストセラーとなり,日本SF大賞を受賞。1989年『世界大博物図鑑第2巻・魚類』で,サントリー学芸賞受賞。1994年『世界大博物図鑑』が全5巻・別巻2で完結。2001~5年日本大学芸術学部研究所教授,2007年武蔵野美術大学客員教授に就任。政府機関の委員など要職も数多く務め,現在,執筆活動の傍ら,講演会やTVコメンテーター等多方面で活躍中。


  • 開場は、原則、講義開始の1時間前となります。
  • 定員になり次第、ご入場をお断りする場合がございますのでご了承ください。
  • 託児室のご利用を希望される方は、1週間前までに社会教育課へお申込ください(定員になり次第締め切り)。
  • 全20講義のうち13講義以上出席の方へ修了証書を発行いたします。
    発行をご希望の方は、ご出席の際に受付へ認定カードをご掲示ください。

お問い合わせ先
八戸市民大学講座事務局(教育委員会社会教育課内)
電話 0178-43-9154
FAX 0178-47-4997