国指定史跡
丹後平古墳群
Tangotai acient mound group

丹後平古墳群 調査風景
2000年の調査風景(南から)

丹後平古墳群(たんごたいこふんぐん)は、八戸市の中心部から南西に約4kmにあり、標高90~100mの尾根の緩斜面に分布しています。南側から丹後平(3)遺跡、丹後平古墳、丹後平(1)遺跡を縦断して群集する、7世紀後半から9世紀後半の古墳群です。

 

これまでみつかっている古墳は総数85基で、未調査分を含めると100基以上の群集墳と考えられます。これらは、遺体を埋葬する施設をほぼ中央に設け、その周囲を溝状に掘りあげ(周溝)内側に丸く盛土した円墳です。墳丘の規模は5m前後のものが多く、最大の古墳(丹後平古墳15号墳)は9mあります。円墳以外に、周溝を伴わない土坑墓や地下式土坑墓があり、馬の埋葬墓もみつかっています。

埋葬施設は、地面を掘り込んだ長方形の土坑が一般的です。なかには張り出しをもつもの、底に溝を有するもの、礫や木炭を敷いたものも確認されています。副葬品は、武器類(直刀・蕨手刀・刀子)と装身具類(玉・釧・耳環)があります。七世紀後半から八世紀前半の古墳では、南側に副葬品が多くみられることから、被葬者の頭位は南側であったと推測されます。

周溝から出土した遺物には、土器類(土師器・須恵器)、武器類、生産用具(紡錘車・砥石)、装身具類などがあります。最も多いのは土器類で、墳丘南側に投げ込まれたり置かれたりしています。注目される遺物として、国内に類例のない獅噛式三累環頭大刀柄頭(しがみしきさんるいかんとうたちつかがしら)、和同開珎、馬具の轡、鉄製のか帯金具が出土しています。

 

大規模な「末期古墳」である丹後平古墳群は、古代蝦夷社会を知るうえで大変重要な遺跡として、平成11年、約7,000平方メートルが国史跡に指定されています。

所在地 青森県八戸市大字根城字丹後平
時代 飛鳥・奈良・平安時代
遺構 古墳(円墳)埋葬部分地下式横穴など
遺物 獅噛式三累環頭太刀把頭か帯金具蕨手刀、轡、須恵器土師器和同開珎など

 

 → 文化財ガイドブックの解説ページもご覧ください