市立小・中学校施設の耐震化事業進捗状況及び耐震診断結果

  

1.耐震化事業の進め方

昭和57年以降に新耐震基準で建てられた、耐震診断を含む耐震化が不要な学校は別表のとおりです。
別表「耐震化が必要のない学校」 [7KB pdfファイル] 

 

2.耐震化事業実施状況(平成23年6月1日現在)

  

   

※小・中学校施設の耐震診断は、全て完了しました。

 

3.耐震化率(平成23年6月1日現在)

80.4%
昭和57年以降の建物と昭和56年以前の耐震性がある建物の棟数の合計棟数を全体棟数で除して算出。
※ただし、2階以上または200㎡以上の要件(文部科学省基準)による算出のため、棟の実数とは異なる。

 

4.耐震診断結果(平成23年6月1日現在)

平成20年6月、地震防災対策特別措置法の改正により、小・中学校等の校舎等について、耐震診断を実施すること及び耐震診断結果を公表することが義務づけられました。これまで実施してきた耐震診断結果を公表します。

 ※小・中学校施設の耐震診断は、全て完了しました。

 

5.今後の進め方

耐震診断の結果を踏まえ、耐震補強または改築が必要なものについては、国の補助制度等の活用を検討して効率的に順次耐震化を進めてまいります。

 

お問い合わせ先
八戸市教育委員会 教育総務課 学校施設グループ
電話 0178-43-2111(内線449)
FAX 0178-47-4997