市立小・中学校の適正配置について

4.八戸市の現状について

 

※以下のデータの中には、八戸市の少子・高齢化、児童生徒数の減を示す内容が含まれています。しかし、当市では、こうした「数字」をもって適正配置を進めるわけではありません。

児童生徒数の急激な変化等にともなって発生する、通学区域や授業、学校行事等における問題が、子どもたちにとって影響が大きいと考えるからこそなのです。

 

(以下の(1)から(6)まで一つのファイルで見るにはこちら) [458KB pdfファイル]  

(1)八戸市の人口推計

(2)市立小・中学校の児童生徒数の推移 

(3)児童生徒数と学校数の推移 

(4)平成22年度の小・中学校の学級数 

(5)小学校と中学校の接続 

(6)学校規模によるメリットとデメリット 

 

  1. 取組みの背景
  2. 検討の進め方
  3. 地域意見交換会について
  4. 八戸市の現状について(資料)
  5. 学校カルテ
  6. 八戸市学校適正配置検討委員会