市史双書発刊のお知らせ

 八戸市立図書館では、八戸の歴史双書『八戸藩遠山家日記 第七巻』を平成30年10月31日に刊行しました。遠山家日記は、江戸時代から大正時代まで127年間に亘り書き継がれてきたもので、江戸時代の武士個人の生活記録としての意義にとどまらず、八戸藩の政治の動きや、江戸時代の経済・社会の動きを知る上でも貴重な資料であり、平成28年8月には県重宝(歴史資料)に指定されています。
定価は2,570円(税込)です。市内各書店または図書館2階カウンター、博物館にて平成30年11月16日より発売しております。
 

今回刊行した第七巻は、嘉永6年(1853)から安政5年(1858)までの6年間を収録しており、遠山家八代当主庄太夫や息子庄馬の八戸での勤番の様子、大雪や地震の自然災害、異国船の来航による軍事教練の増加、藩主の領内巡見の記述もみられ、幕末の社会情勢が見えてくる一冊となっています。

 

主な市内販売店
伊吉書店(西店) TEL 0178-28-8211
カネイリ(番町店) TEL 0178-46-1812
木村書店(本店) TEL 0178-24-3366

※書店にない場合はご注文ください。

 

市外の方も購入可能です。→案内ページ
詳しくは八戸市立図書館歴史資料グループまでお問い合わせください。

 

『新編八戸市史 地誌編』に係る正誤表のお知らせ

 この度は、「新編八戸市史 地誌編」をご購入いただき、ありがとうございました。
本書におきまして、誤りがございましたので、お詫びいたしますとともに、訂正させていただきます。
また、本書を購入されました方には、差し替えページ(p627・p628)を送付いたしますので、お手数をお掛けしますが、八戸市立図書館 歴史資料グループ(0178-73-3234)までご連絡くださいますようお願いいたします。

 正誤表はこちら [101KB pdf] 

                          

                          お問い合わせ先:八戸市立図書館歴史資料グループ
                                          TEL・FAX:0178-73-3234
                                                                    e-mail:shishi@city.hachinohe.aomori.jp

 
 

市史最新ニュースバックナンバー

17 『概説 八戸三社大祭』発刊のお知らせ
16 市史編纂室廃止と新組織業務開始のお知らせ
15 『新編八戸市史 通史編Ⅰ 原始・古代・中世』発刊のお知らせ
14 新編八戸市史 通史編Ⅰ 近世 正誤表更新のお知らせ
13 平成26年度八戸市史講座開催中
12 新編八戸市史 通史編Ⅲ 近現代発刊・平成26年度八戸市史講座のお知らせ
11 新編八戸市史 中世資料編 発刊
10 平成25年度八戸市史講座 全8回を終了しました
9 八戸市史講座大好評開催中
8 新編八戸市史 地誌編 発刊
7 新編八戸市史 近現代資料編 都市計画・戦争 発刊
6 新編八戸市史 近世資料編3 発刊
5 新編八戸市史 民俗編&近現代資料編4 発刊
4 新編八戸市史 考古資料編 発刊
3 新編八戸市史 近現代資料編3 発刊
2 新編八戸市史 近世資料編2、近現代資料編2 発刊
1 新編八戸市史 近世資料編1、近現代資料編1 発刊