市制施行90周年記念!有人潜水調査船「しんかい6500」&深海潜水調査船支援母船「よこすか」一般公開

八戸市市制施行90周年を記念し、国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)の所有する有人潜水調査船「しんかい6500」と深海潜水調査船支援母船「よこすか」が八戸港に入港し、一般公開を開催します。未知なる深海の世界に挑み続ける「しんかい6500」とその支援母船「よこすか」を間近に見学できるまたとない機会です。八戸市内にお住まいの方のみならず、市外、県外にお住まいの方もふるってご参加ください!
一般公開にあわせて関連イベントも多数開催します!深海に詳しくなって、一般公開に備えましょう!

一般公開についてはこちら、関連イベントについてはこちらをご覧ください。
また、ご来場にあたっては注意事項を必ずご確認ください。

 

有人潜水調査船「しんかい6500」はこんな船!

「しんかい6500」は6,500mの深さまで潜ることができる世界有数の有人潜水調査船で1989年に完成しました。その活動範囲は日本近海だけでなく、太平洋やインド洋、遠くは大西洋にまで及び、海底の地形・地質や深海生物などのさまざまな調査のため、これまでに延べ1500回以上の潜航を行っています。水深6,500mでは、1平方センチメートルあたり約680kgという水圧がかかるので、人が乗るキャビン(耐圧殻(たいあつこく)といいます)はチタン合金により、高い水圧に耐えうる強度があります。「しんかい6500」

「しんかい6500」大解剖!

「しんかい6500」の各部の名称を紹介します。

 

 

JAMSTECホームページ

「しんかい6500」について、詳しくは下記のホームページをご覧ください。

「しんかい6500」特集ページ|JAMSTEC 国立研究開発法人海洋研究開発機構

 

深海潜水調査船支援母船「よこすか」はこんな船!

 「よこすか」は、有人潜水調査船「しんかい6500」の支援母船です。「しんかい6500」の運搬や整備、支援を行うため、「しんかい6500」をつり下げることができるクレーンや、整備を行う広い格納庫があります。深海巡航探査機「うらしま」の支援母船でもあり、他にも深海底表層・断層地形や地質構造を解明するための様々な機能を持ち、深海・海溝域の総合的な調査観測研究を行うことができます。

「よこすか」

「よこすか」のミッション
  • 有人潜水調査船「しんかい6500」の潜航支援
  • 深海調査曳航システム4000m級「ディープ・トウ」の潜航支援
  • 海底地形調査
  • 地層探査
  • 地球物理探査
  • 海底堆積物の採取
  • 海底下深部の構造探査
  • 地震計、係留系等の設置回収作業
船体データ

全長 105.2m

16.0m

深さ 7.3m
国際総トン数 4,439トン
航海速力 約16ノット
定員 60名(乗組員45名/研究者15名)

JAMSTECホームページ

「よこすか」について、詳しくは下記のホームページをご覧ください。

深海潜水調査船支援母船「よこすか」|JAMSTEC 国立研究開発法人海洋研究開発機構

 

一般公開について

日時

9月23日(月・祝)10時~16時00分(受付開始 9時30分・最終受付 15時30分)

場所

八戸港八太郎4号ふ頭P岸壁(駐車場あり)

 

  • 自家用車の場合

 八戸駅から約30分
 本八戸駅から約20分

  • バスの場合

  市営バス「本八戸駅」H58多賀台団地行(八太郎まわり)乗車。「三菱製紙南口」下車、徒歩約12分。

入場料

無料

お申し込み

不要

 

注意事項(必ずお読みください)

  • 天候等の条件により、一般公開を中止する場合がございます。
  • サンダルやかかとの高い靴での見学は非常に危険です。動きやすい靴や服装でご来場ください。 
  • 船内への荷物の持ち込みは最小限度でお願いします。安全上の理由により、大きな荷物やベビーカーの持ち込みはお断りさせていただきます。
  • 船内へは、犬などの動物を連れて入ることはできません。
  • 船内での飲食・喫煙はできません。
  • 船内にはトイレ、授乳室はございません。
  • 体調が悪くなった際はお近くのスタッフにお声がけください。
  • 会場内では、無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の飛行を禁止します。
  • 会場内で撮影された映像や画像はホームページ等で公開される場合がありますので、予めご了承ください。
  • 上記のほか、岸壁及び船内では、係員の指示に従ってご見学ください。

 「しんかい6500」「よこすか」寄港記念関連イベント

「しんかい6500」「よこすか」の一般公開を記念して、各種関連イベントを開催します。一般公開に備えて知識を深めましょう!

JAMSTEC深海展

会期

9月30日(月)まで

会場

八戸市水産科学館マリエント(八戸市大字鮫町字下松苗場14-33)

内容

「しんかい6500」「よこすか」の一般公開にあわせ、深海生物の水槽展示や調査船など、深海にまつわる貴重な品々を展示しています。

八戸市民大学講座

日時

8月28日(水)18時~19時30分

会場

八戸市公会堂文化ホール(八戸市内丸一丁目1-1)

講師

国立研究開発法人海洋研究開発機構 「しんかい」6500パイロット 吉梅 剛 氏

演題

「しんかい6500」の見た深海の世界

 

詳しくは、八戸市民大学講座(令和元年度 後期)をご覧ください。

 

一般公開がもっと楽しくなる!深海のふか~い話

日時

9月14日(土)13時~17時

会場

八戸ポータルミュージアム「はっち」1階 シアター1

内容

深海に関する最新の話題をJAMSTECの研究者たちが紹介します。
特別発表として、マリエント「ちきゅう」たんけんクラブ会員による活動報告も行います。

 

 

主催

国立研究開発法人海洋研究開発機構研究船舶八戸港寄港記念事業実行委員会

共催

八戸市/八戸市教育委員会

協力

国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)
八戸市水産科学館マリエント

お問い合わせ先

国立研究開発法人海洋研究開発機構研究船舶八戸港寄港記念事業実行委員会 事務局
(八戸市内丸一丁目1-1 八戸市教育委員会 社会教育課内)

8時15分~17時(土日祝日を除く)