八戸市新美術館シンボルマーク・ロゴデザイン等制作デザイナーの選定について

 市では、新美術館のイメージを形成するシンボルマークやロゴ、館内サインなどのデザインを行うデザイナーを選定しました。

最優秀デザイナーについて

 加藤 賢策 氏(株式会社ラボラトリーズ代表取締役/アートディレクター/グラフィックデザイナー/武蔵野美術大学・女子美術大学非常勤講師)

デザイナーのプロフィール、シンボルマーク・ロゴデザイン案はこちら。
シンボルマーク・ロゴデザイン案 [655KB pdf] 

デザイナー選定方法

  正式な館名が決定していないことから、暫定的に「八戸市美術館」のロゴ(和文・英文)及びシンボルマークの素案について、事務局内で選考した3組のデザイナー候補者から提案を受け、各候補者のプレゼンテーション・ヒアリングを実施し、審査員による投票・協議を経て、最優秀デザイナーを決定しました。

今後について

  シンボルマーク案を使った市民参加によるワークショップを開催し、その結果を踏まえてシンボルマーク・ロゴデザインに微修正を加え、今後正式な館名決定時に発表します。