小学校期におけるスポーツ活動及び中学校運動部活動は,生涯にわたって豊かなスポーツライフを実現する資質・能力を培うとともに,体力の向上や健康の保持増進,児童生徒の自主性や協調性,豊かな人間性を育むことができる大変有意義な活動です。

しかしながら,全国的には、少子化に伴う児童生徒数及び教職員数の減少により,これまでと同様の運営体制では維持することが困難な状況となっています。さらには,活動の在り方についても,子どもたちの心身への配慮,教職員の負担を考慮した取組について抜本的な改革が求められています。

このような状況を踏まえ、市教育委員会では,スポーツ庁によるガイドライン及び平成30年12月に示された県の運動部活動の指針との整合性を図りながら,本市の実態に即した指針を策定しました。

本指針では、「本市における方向性」「適切な運営」「休養日等の設定」「適切な指導」等について示しました。

平成31年度より、本指針をもとに児童生徒にとって望ましいスポーツ活動及び運動部活動を推進していきます。

なお、小学校期における文化活動及び中学校文化活動については、当面の間、本指針に準じて活動するものとします。 

小学校スポーツ活動・中学校運動部活動指針 [7340KB pdf] 

運営計画(小) [65KB doc]   

活動計画(小) [13KB xlsx] 

学校の部活動に係る活動方針(中) [128KB doc] 

各部における年間計画(中) [78KB doc] 

活動計画・実績報告書(小・中兼用) [125KB xls] 

中学校部活動安全点検表 [79KB doc]

設備・器具等の点検項目一覧 [60KB doc]