平成2年9月に組織した「八戸市国際交流のまち推進協議会」において、姉妹都市の候補地について討議を重ねてきた中で、平成4年4月に、八戸商工会議所と以前から友好的な交流のあったタコマ・ピアース郡商業会議所を通じてタコマ市長から、隣接のフェデラルウェイ市を紹介され、両市の相互訪問などを経て姉妹都市締結の意思を確認し、平成5年8月1日、八戸市で姉妹都市提携書が交わされました。これまで、両市の相互訪問や青少年派遣などの交流を続けています。

フェデラルウェイ市との交流暦.pdf [186KB pdf] 

 
より大きな地図で フェデラルウェイ市 を表示

  • 市制施行日
    1990年2月28日
  • 人口
    約88,040人(2008年)
  • 地理
    カナダ国境に接する米国西海岸のワシントン州に位置する。シアトル市よりおよそ25マイル南に下り、ピージェット湾とグリーンリバーバリーに隣接している。太平洋を北上する暖流の影響で、冬は比較的温暖、夏は湿度が少なく晴天の多い地中海性気候で、1年を通じて過ごしやすい。
  • フェデラルウェイ市長
    ジム・フェレル 氏 (任期 2014年1月1日~2017年12月31日)

リンク
⇒ 米国ワシントン州フェデラルウェイ市 (cityoffederalway.com) 
⇒ 外務省 各国・地域情報:アメリカ合衆国 (mofa.go.jp)

 フェデラルウェイ市との交流

平成29年 フェデラルウェイ市訪問

平成29年5月に、小林眞市長一行9名が、フェデラルウェイ市を訪問し、ジム・フェレル市長への表敬を行いました。平成30年は、当市とフェデラルウェイ市との姉妹都市締結から25周年となるため、その記念事業の開催についての協議を行いました。フェレル市長は「来年八戸を訪問したい」との意向を表明しました。

 フェデラルウェイ市役所 表敬の様子1 表敬の様子2

  

平成26年 フェデラルウェイ市訪問

平成26年5月に、小林眞市長一行9人がフェデラルウェイ市を訪問し、ジム・フェレル新市長への表敬を行いました。そのほか、コミュニティーセンターの視察や、デュマス・ベイ・センターで昼食をとりながらの懇談会も行いました。フェレル市長は、今後の両市の交流に大変意欲的でした。

平成22年 フェデラルウェイ市訪問

平成22年11月8日(月)に、小林眞市長一行8名の当市訪問団が、フェデラルウェイ市を訪問しました。 リンダ・コーチマー新フェデラルウェイ市長への表敬や、市庁舎の視察のほか、八戸市青少年派遣で交流のあるイリヒ中学校を視察しました。今回の訪問により、八戸市とフェデラルウェイ市との交流が一層深まりました。

  

平成20年 フェデラルウェイ市訪問

平成20年2月5日から7日まで3日間、小林眞市長はじめ20名の当市訪問団が、フェデラルウェイ市を訪問しました。 フェデラルウェイ市議会の見学や市内視察のほか、市、姉妹都市協会、商業会議所主催の歓迎夕食会ではたくさんの方々から歓迎を受け、両市のさらなる友好を深めました。また、ドゥベイ市長から、市街地開発計画などのまちづくりについて説明があり、急速に発展する現在のフェデラルウェイ市の様子を伺いました。

  

平成18年 フェデラルウェイ市長一行の八戸市訪問 

平成18年10月25日から28日の4日間、パーク市長はじめ4名が八戸市を訪れました。大学や八食センターなど市内視察や歓迎夕食会などを通じて両市の友好を深めました。

  

平成17年 姉妹都市対抗高校野球親善試合開催

平成17年6月に、第2回目姉妹都市対抗高校野球親善試合が当市で開催されました。フェデラルウェイ市からは、マコーガン市長はじめ15名の選手ら計26名が訪れ、八戸光星学院、八戸工業高校、八戸高専と親善試合を行いました。また、学校訪問や歓迎会のほか、市内の家庭にホームステイするなど、地元高校生との交流を深めました。