八戸三社大祭の山車行事を含む全国33件の祭礼行事は、「山・鉾・屋台行事」として、昨年12月にユネスコ無形文化遺産に登録(代表一覧表記載)されました。

「山・鉾・屋台行事」は、地域の安泰や豊作などを願い、人々が一体となって行う、山車の巡行を中心とした祭礼行事です。地域が幾世にもわたり保護継承してきたことや、準備や練習を通じて世代間の交流を促し、地域の結束力を高める役割を果たしてきたことなどが、国際的に評価されました。

本企画展では、地域に根ざす人々によって生み出される「生きた遺産」であり、多くの人が交流し絆を深める力を持った「山・鉾・屋台行事」を多角的に紹介します。

 

ユネスコ登録パネル写真展「八戸三社大祭と山・鉾・屋台行事」 

   

第一会場(はっち)山・鉾・屋台行事の全容

第一会場では、登録された「山・鉾・屋台行事」のポスターや写真をとおして、その多様性を紹介します。

 場所:八戸ポータルミュージアムはっち2階ギャラリー2

 日時:7月28日(金)~8月6日(日)9時~21時

第二会場(さくら野百貨店)ユネスコ登録と三社大祭の継承

第二会場では、三社大祭の山車製作やお囃子練習、昭和の古写真などをとおして、伝統を後世に引き継ぐ人々の姿を紹介します。

 場所:さくら野百貨店八戸店6階催事場

 日時:7月25日(火)~8月6日(日)10時~19時

第三会場(街かどミュージアム)八戸三社大祭の山車組

第三会場では、現在三社大祭に参加する27山車組の歴史や特徴、昨年の山車などを紹介します。あわせて、街かどミュージアムが所蔵する、山車の題材に関係する浮世絵も紹介します。

 場所:街かどミュージアム

 日時:7月26日(水)~8月6日(日)10時~17時(月・火休館)

観覧料

 全館無料

主催・共催・協力

 主催:八戸市教育委員会

 共催:八戸市[八戸ポータルミュージアム]、さくら野百貨店八戸店、八戸クリニック街かどミュージアム

 協力:八戸三社大祭山車祭り行事保存会、全国山・鉾・屋台保存連合会、八戸市博物館

 

お問い合わせ先

八戸市教育委員会 社会教育課 文化財グループ

電話 0178-43-9465(直通)
FAX 0178-47-4997