2017年7月29日(土)出演者の皆さん

オープニング <13:00> 
  西園小学校&中沢中学校&デビットマシューズwith八戸ジャズ楽団&スイングベリージャズオーケストラ

 SJO facebookページ

 (八戸ジャズ楽団

 ページの先頭 ページの先頭

第1部 <15:00> 類家心平 sextet

類家心平(るいけ しんぺい)

 1976年4月27日に青森県八戸市に生まれる。10歳の頃にブラスバンドでトランペットに出会う。高校生の時にマイルスデイヴィスの音楽に触れジャズに開眼する。高校卒業後海上自衛隊の音楽隊で6年間トランペットを担当。自衛隊退官後2004年にSONYJAZZからジャムバンドグループ「urb」のメンバーとしてメジャーデビュー。タイ国際ジャズフェスティバルに出演するなど注目を集める。「urb」の活動休止後に自身のユニット「類家心平4 piece band」を主催。ファーストアルバム「DISTORTED GRACE」を2009年にリリース。2作目「Sector b」を菊地成孔氏のプロデュースで2011年にリリース。その後メンバーチェンジを経て「RUIKE SHINPEI 5 piece band」となり2013年に「4AM」をリリース。2016年に「UNDA」をリリース。国内外から高い評価を得る。2014年に同郷のピアニスト中嶋錠二とのデュエットによるアルバム「N.40°」をリリース。

その他「菊地成孔ダブセプテット」、「DCPRG」、元「ビート・クルセイダース」のケイタイモ率いる「WUJA BIN BIN」や「LUNA SEA」のギタリストSUGIZOが率いるユニットにも参加。板橋文夫や山下洋輔、森山威男、鈴木勲などベテランジャズミュージシャンとの共演も多数。またジャズを題材としたアニメ「坂道のアポロン」の劇中のトランペットを担当するなどと活躍の幅を広げている。

 

南郷ジャズは、7回目の出演となります!

 

(類家心平 公式サイト)

ページの先頭 ページの先頭

第2部 <16:00> 紗理 quartet 

紗理(さり)

 ジャズサックス奏者、中村誠一(T.sax)の娘。5歳よりダイアナ石山Song&Danceミュージカル教室に通いダンスと共にミュージカルナンバーを学ぶ。ミュージカル女優を目指していた高校2年次、エラ・フィッツジェラ ルドの歌に衝撃と感銘を受け、ジャズヴォーカリストになりたいと思うようになる。2004年洗足学園音楽大学ジャズボーカル科に入学、Dana Hanchard氏に師事する。それと同時にライブ活動を精力的に始め、2008年洗足学園ジャズ ヴォーカル科を主席で卒業。同年7月、渡米。ボストンにあるBerklee College of Musicに留学。Gabrielle Goodman氏に師事し、NYでライブ活動なども始める。2010年アメリカから帰国後、第30回浅草JAZZコンテストにて銀賞受賞。2013年には、待望のデビューアルバム「The Sweetest Sounds」をリリース。音楽雑誌JAZZ JAPANなどで大きく取り上げられ、同年11月、Thelonious Monk institute of Jazzがサポートするヴォーカルコンペティション”Osaka Asian Dreams Jazz Competition 2013’”で優勝!!

そして、デビューアルバムから4年、ツアーを経て磨かれたクリエティヴィティとイマジネーション。多彩なアプローチでレコーディングされ、気心の知れたツアーメンバーとともに創り上げたファン待望のセカンド・アルバム「AND I'LL SING ONCE MORE」が2017年3月リリース。  

 

初めての南郷ジャズの出演です!

 

紗理 公式サイト

 ページの先頭 ページの先頭

第3部 <17:30> 熱帯JAZZ楽団

我が国のラテン音楽シーンをリードし続けて来たパーカッショニスト、プロデューサーのカルロス菅野が“オルケスタ・デ・ラ・ルス”を脱退後、日本のインストゥルメンタルシーンを代表するミュージシャンを一堂に集めスタートした、ラテン・ジャズ・ビッグ・バンド。無機質な音楽が溢れている昨今、メンバーが創り出すパワフルなリズムとハーモニーは年齢を問わず幅広い観客を魅了する。個性溢れるメンバー達が“音楽はエンターテイメントだ!”をコンセプトに、ステージ上で正に縦横無尽に、懐かしのラテン名曲は勿論、ジャズ・ファンキー・オリジナルまでとびっきり熱いビッグバンドサウンドを繰り広げる。

現在、17枚のアルバムと2枚のDVDをリリース。バンドスコアブックも出版され、2013年8月には、初となる吹奏楽用譜面集をウインズスコアより発売し、全国アマチュア・ビッグ・バンドや吹奏楽部の学生たちからも熱烈な支持を受けている。

NYの「JVCJAZZFESTIVAL」に2年連続出演するとともに、RMMレコードより3枚のアルバムを全米発売するなど、国内外を問わずワールドワイドに活躍中。

 

南郷ジャズは、2000年に出演して以来、2回目の出演となります!

 

熱帯JAZZ楽団 公式サイト

ページの先頭 ページの先頭

第4部 <19:30> 渡辺貞夫 Group2017

渡辺貞夫(わたなべ さだお)

 1933年宇都宮生まれ。18歳で上京後、秋吉敏子のコージー・カルテットをはじめ数々のバンドに参加。バークリー音楽大学への留学等を経て、日本を代表するトップミュージシャンとして、ジャズの枠に留まらない独自のスタイルで世界を舞台に活躍。2005年“愛知万博”では世界中から集まった子供達400人と、国境や文化を越えた歌とリズムの共演という長年の夢を実現させ、それらの活動は海外へ広がる。

近年は国立音楽大学の招聘教授として次世代の育成に今日も力を注いでいる。2016年4月、オバマ前米大統領夫妻がホストとなり、ホワイトハウスで開催された「International Jazz Day 2016」に日本を代表して参加。5月「ボツワナ共和国独立50周年」、10月「日・ネパール国交樹立60周年」の記念事業として各国で「渡辺貞夫コンサート」を開催。12月、盟友デイヴ・グルーシン(p)を迎え、渡辺貞夫オーケストラ と共に1980年の“渡辺貞夫リサイタル・アット・武道館”を国内5都市で再現。多くのリクエストに応え、ライヴ盤「アンコール!」を今年5月にリリース。

国内のみならず、海外に於いても精力的に演奏活動を行う生涯現役プレイヤーのその姿は、世界中の老若男女に勇気と感動を与えている。

 

南郷ジャズは、2009年に出演して以来、3回目の出演になります!

 

(渡辺貞夫 公式サイト)  

ページの先頭 ページの先頭

 

お問い合わせ先

南郷ジャズフェスティバル実行委員会(事務局:八戸市 総合政策部 南郷事務所内)

〒031-0111 青森県八戸市南郷大字市野沢字黒坂11-10

電話 0178-82-2111

FAX 0178-82-3517

メール nango@city.hachinohe.aomori.jp