19世紀、藩政時代の庭園芸術を今日に伝える八戸南部氏庭園を開園します。
開園期間中は、根城史跡ボランティアガイドの方々による園内のガイドがあります。
どうぞお越しください。

八戸南部氏庭園(はちのへ なんぶし ていえん)は、江戸時代末期に鹿児島の島津家から第9代八戸藩主として信順(のぶゆき)公が迎えられたのを機に、弘化四年(1847年)に造られました。

この庭は、薩摩藩のお抱えの庭師によるものとも伝えられ、馬淵川を借景としています。30本余りの松をはじめ、つつじやさつき、樹齢数百年といわれるもみの木が植えられ、築山(つきやま)、石灯籠、橋などが巧みに配置されています。また、晴天の日には、遠く秀麗な八甲田の山並を眺めることができます。

開園期間

5月24日(金) ~5月27日(月) 午前10時から午後4時まで

 入園料

無料

 園内催し等

  • 休憩所を設置します。
  • 八戸南部氏庭園春の俳句大会開催
    投句受付 5月24日(金)~5月31日(金)必着
    募集句題 八戸南部氏庭園や庭園周辺を詠んだ当季雑詠
    選者 植村 可南氏、高橋 秀東氏、野村 英利氏
    投句方法
    投句用紙に必要事項をご記入の上、期間中、園内に設置している俳句ポストにお入れ下さい。又は、はがき等でまちづくり文化推進室まで持参、郵送、FAX、Eメール等でご応募ください。投句用紙 [113KB pdf]  
     
    規定 住所、氏名、電話番号を明記。
    作品は新作で未発表のものに限ります。
    投句料は無料です。
    投句用紙一枚につき一句の投句です(複数の投句は可能です)。         
    表彰等 総合得点順に1位から3位、天位を優秀句とします。
    優秀句については、後日、表彰します。
    主催 八戸市
    協力 八戸市文化協会
    応募先・お問い合わせ先
    〒031-8686 青森県八戸市内丸一丁目1-1
    八戸市まちづくり文化スポーツ部まちづくり文化推進室
    電話/0178-43-9156 FAX/0178-41-2302
    Eメール/machi@city.hachinohe.aomori.jp            

 場所

所在地 八戸市売市四丁目23-3


より大きな地図で 八戸市施設(一般) を表示

 交通案内

駐車スペースに限りがありますので、来園には、なるべく公共交通機関をご利用ください。

(1) バスをご利用の場合

最寄のバス停 「緑ヶ丘」
大橋方面へ進み、熊野堂交差点を渡ります。
案内看板が目印です。

(2) JRをご利用の場合

最寄駅 八戸駅、本八戸駅
路線バスで「緑ヶ丘」バス停降車

(3) 自家用車をご利用の場合

国道45号(青森・十和田方面)からの場合
  1. 国道45号の北バイパスを南下
  2. 下長交差点を右折
  3. 馬淵川を越え、「南部氏庭園」の看板左折
    (誘導員、案内看板があります)
八戸自動車道を利用の場合
  1. 八戸インター(三沢・十和田・フェリー埠頭方面)
  2. 県道29号
  3. 松園町交差点右折
  4. 国道104号
  5. 博物館入口交差点左折
  6. 熊野堂交差点直進
    (誘導員、案内看板があります)