三陸復興国立公園指定記念特別展
道 ーそして、希望の朝

平成25年5月24日、種差海岸は「三陸復興国立公園」に指定されました。種差海岸は、ウミネコの繁殖地・蕪島や、砂浜、芝生地など変化に富んだ景観を有し、650種を超える多彩な草花が生育する、風光明媚な海岸であり、その美しさは、これまで多くの文人や画家に愛されてきました。 

本展は「三陸復興国立公園」の指定を記念して、東山魁夷をはじめ、加藤栄三や、川崎小虎ら魁夷ゆかりの作家と、千住博、松井冬子、岩田壮平など、現在活躍中の作家まで、総勢11名による26作品をご紹介いたします。

震災から2年半の今、言葉にできないそれぞれの何かと向き合うことのできる作品によって、本展が、一人一人の鎮魂と希望を探す機会になることを願って止みません。

主催/八戸市、八戸市美術館
助成:芸術文化振興基金助成事業

会期:平成25年9月28日(土)~平成25年11月4日(月)


東山魁夷《道》1950年 東京国立近代美術館所蔵 

入館料

  • 一般500(250)円
  • 高校・大学生300(150)円
  • 小・中学生100(50)円

※市内小・中学生は無料
※( )内は20名以上の団体料金
※市内在住の65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方半額

詳しくは美術館のホームページをご覧ください。

お問い合わせ先

八戸市美術館

〒031-0031 八戸市番町10-4
電話 0178-45-8338
FAX 0178-24-4531