EXHIBITIONS展覧会情報

赤城修司《市内の宅地にいつのまにか出現した仮置場》

                       

開催中

市民アートサポート ICANOF〈イカノフ〉
第14回企画展
《赤城修司+黒田喜夫 ――種差デコンタ2016》

  • 2016年8月26日(金)〜9月11日(日)

震災から60キロ圏に住む福島市民 赤城修司によるツイッター写真「除染土仮置場:デコンタ(DeContaminant)」展示に今、山形出自・没後30年の前衛詩人 黒田喜夫による「飢餓の思想:地中の武器」が甦る!美術批評家 椹木野衣による「赤城論」と哲学思想家 鵜飼哲による「黒田論」が炸裂する開幕トークも見逃せない!!(ICANOFキュレーター豊島重之)

市民アートサポートICANOFのウェブサイトはこちら

会 期 2016年8月26日(金)〜9月11日(日)
休館日 8/29(月)、9/5(月)
開館時間 10:00~18:00(最終日は16:00まで)
※27日(土)は、別会場での特別イベント開催のため、美術館での展示は17時までとなります。
入館料 無料
 主 催 市民アートサポートICANOF
 共 催 八戸市美術館
 キュレーション 豊島重之 
 協 賛  南部電機(株)、番丁庵、(株)キタムラ
 後 援  八戸学院大学・八戸学院短期大学 地域連携センター、東奥日報社、デーリー東北新聞社、青森放送、青森朝日放送、八戸市文化協会
関連イベント ●オープニング特別プログラム「デコンタ・フォーラム」

【フォーラム1】
 日時:8月26日(金)18:00~
 会場:八戸市美術館2階展示室
 参加費:無料
 定員:80名(申込み不要)

【フォーラム2】
 『種差デコンタ展』オープニングパーティ特別プログラム
  モレキュラー《カリヲのキバ》公演
 日時:8月27日(土)18:00~
 会場:アメリカンダイナーRody's
 参加費:要 ※要申込み

【フォーラム3】
 『種差デコンタ展』オープニング特別プログラム
  グランギニョル未来《ガマのなかの帰還困難区域》公演
 日時:8月28日(日)12:00~
 会場:八戸市美術館2階展示室
 参加費:無料
 定員:80名(申込み不要)
                       

開催中

特別展関連企画
公募写真展「〈私の1枚〉とっておきの写真」

  • 2016年7月9日(土)〜8月28日(日)

写真のまち八戸特別展「―フジフイルム・フォトコレクションによる― 日本の写真史を飾った写真家101人の〈私の1枚〉」に合わせて、ご自身が選ぶ「私の1枚」を公募しました。
それぞれのとっておきのエピソードと共に、展示いたします。

※特別展「―フジフイルム・フォトコレクションによる― 日本の写真史を飾った写真家101人の〈私の1枚〉」は終了しました。
展示は、三日町カネイリギャラリーで行っております。

会 期 2016年7月9日(土)〜8月28日(日)
休館日 7/11(月)、19(火)、25(月)、8/8(月)、12(金)、15(月)
開館時間 9:00~17:00
入館料 無料
会場 三日町カネイリギャラリー
 ※三日町カネイリギャラリーは、さくら野と街カフェみなとの間、
  みな実 珈琲店向かいです。旧てより・文明堂の場所になります。
  八戸市美術館から徒歩約3分。

                       

開催
予告

八戸市美術館 開館30周年記念展
美術館の歩みとこれからの美術創作活動に向けて

  • 2016年9月16日(土)〜9月25日(日)

美術館開館30周年を記念し、これまでの歩みを振り返るとともに、かつての美術報奨受賞作家及び若手作家の作品展やトークを開催し、これからの美術創作活動に向けた取り組みと支援のあり方を探ります。

会 期 2016年9月17日(土)〜9月25日(日)
休館日 9/20(火)
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30)
入館料 一般 150(80)円、高校・大学生 100(50)円、
小・中学生 50(30)円
※( )内は20名以上の団体料金 ※市内の小・中学生は無料
※障がい者手帳をお持ちの方、市内在住の65歳以上の方は半額
 主 催 八戸市美術館
 出品作家  美術報奨受賞者
米田井朴、高橋みのる、下村正二、宗前敏光、宮古文雪、石橋忠三郎、田村雅樹、田中扇溪、大西幹夫、高橋寛子、坂本貢仁宏、平谷忠士、前田千賀子、渡辺秀樹、吉田幸子、佐藤義弘、小笠原三郎、月舘久子、細越玉蓮、中澤均、小笠原重雄、菅原陽子、西川爽風、渡辺真樹、鈴木実、佐藤泰哉、西塚幽雪、後村弘樹、清川哲子、中村雅臣、笹川溪雪、佐々木良市(受賞順・敬称略)
若手作家
池田拓馬、齊藤未来、坂本英子、坂本智史、佐貫巧、島守宏和、蜂屋雄士、松本秀樹(50音順・敬称略)
関連イベント ●若手作家によるトークセッション(全3回)
 日時:①9月17日(土)13:30~
     齊藤未来[工芸]×佐貫巧[絵画]×松本秀樹[工芸]
    ②9月18日(日)13:30~
     池田拓馬[映像]×坂本英子[絵画]×坂本智史[絵画]
    ③9月24日(土)13:30~
     島守宏和[工芸]×蜂屋雄士[写真]
 会場:八戸市美術館
 参加費:無料(入館券が必要)
 定員:20名程度(予約不要)

●アーカイブコーナー「八戸市美術館これまでの歩み」
館内にアーカイブコーナーを設けて、歴代の展覧会ポスターや美術館開館当初からの写真資料を展示します。
 期間:9月17日(土)~25日(日)
 会場:八戸市美術館

●私と美術館
館内に設置しているカードに、美術館での思い出やメッセージをお書きください。カードは館内にスペースを設けて展示します。
葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」

                       

開催
予告

世界が絶賛した浮世絵師
北斎展―師と弟子たち

  • 2016年10月1日(土)〜11月6日(日)

葛飾北斎の代表作「冨嶽三十六景」をはじめ、「忠臣蔵」「東海道五十三次」といったシリーズもの、役者絵、妖怪絵、洋風画や貴重な肉筆画などの作品を通して、北斎芸術の全貌を紹介します。また、北斎に影響を受けた弟子たちの作品と、フランス人画家アンリ・リヴィエールの「エッフェル塔三十六景」も紹介し、海外における北斎の人気の秘密に迫ります。

会 期 2016年10月1日(土)〜11月6日(日)
休館日 10/11(火)、17(月)、24(月)、31(月)
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料 一般 500(250)円、大学・高校生 300(150)円、
小・中学生 100(50)円
※( )内は20名以上の団体料金※市内の小・中学生は無料
※障がい者手帳をお持ちの方、市内在住の65歳以上の方は半額
 主 催 八戸市美術館、青森放送
 後 援 八戸テレビ、コミュニティラジオ局BeFM、デーリー東北新聞社、東奥日報
 協 力 八戸クリニック街かどミュージアム
 監 修 中右 瑛(国際浮世絵学会常任理事)
 企画協力  ステップ・イースト
関連イベント ●講演会
 講師:中右 瑛 氏(展覧会監修者/国際浮世絵学会常任理事)
 日時:10月1日(土)13:30~
 会場:八戸市美術館2階講義室
 参加費:無料(別途、入館料が必要となります)
 定員:40名(事前申込優先)
 申込方法:電話で八戸市美術館へ(0178-45-8338)

~美術館×街かどミュージアム 連携企画~
●北斎と画狂人たち ~知られざる挿絵・漫画・浮世絵の世界~
本展に合わせて、街かどミュージアムでも同じ北斎をテーマに展覧会を開催します。北斎の絵手本や豪華な摺物、八戸南部家旧蔵の葛飾派の読本などを紹介。北斎と同世代・鍬形蕙斎の軽妙洒脱で愛らしい略画式や、画鬼・河鍋暁斎の奇想天外な漫画などもお楽しみ下さい。
 展示期間:9月24日(土)~11月13日(日)
 展示場所:八戸クリニック街かどミュージアム(Tel. 0178-32-7737)

まちなか探検!北斎さがし〈三十六種〉
中心街各所にポスターを設置し、展覧会に関連した注目のポイントを紹介します。ポスターは全部で36種類!各ポスターに書かれた文字を並べると、文章になります。美術館やお店に置いてある記入シートに書き込んで、八戸市美術館または、街かどミュージアムの受付に渡してください。先着100名様にポストカードをプレゼントします!さらに、街かどミュージアムの展覧会「北斎と画狂人たち」の割引券もプレゼントします。
街なかを探検して、北斎さがし!がんばって集めよう!
 展示期間:9月24日(土)~11月13日(日)
 展示場所:八戸市中心街各所

●お江戸まっぷ
お江戸らしい商品を扱っているお店を紹介します。
江戸時代の古地図を見ながら街を散策してお江戸の気分♪

SCHEDULE平成28年度
年間スケジュール [展覧会]

4/16(土)−5/8(日) [特別展] 特別展「月舘れい展~描くことは生きること~」
5/21(土)−7/3(日) [コレクション展Ⅰ] 瀧田項一と白磁
7/16(土)−8/21(日) [特別展] 写真のまち八戸
ーフジフイルム・フォトコレクションによるー
日本の写真史を飾った写真家101人の「私の1枚」
8/26(金)−9/11(日) [企画展] 市民アートサポートICANOF 第14回企画展
「赤城修司+黒田喜夫-種差デコンタ2016展」
 9/17(土)−11/6(日)  [企画]  八戸市美術館開館30周年記念企画
「美術館の歩みとこれからの美術創作活動に向けて」
10/1(土)−11/6(日) [特別展] 世界が絶賛した浮世絵師
「北斎展―師と弟子たち」
11/19(土)−2017/1/29(日) [コレクション展Ⅱ] 八戸の戦後画壇
2017/2/4(土)−3/20(月) [特別展] 教育版画展「虹の上をとぶ船」

過去の展覧会情報はコチラ

CATALOG展覧会カタログ

当館で開催した展覧会のカタログ(図録)の郵送販売をしています。ご希望の方は、図録名と冊数・お客様の住所・氏名・電話番号をご記入のうえ、現金書留にて図録の代金と送料の合計額をお送りください。 なお、送料につきましては、切手でお支払いいただいてもかまいません。

宛先 〒031-0031 青森県八戸市番町10-4 八戸市美術館 図録係
お問い合わせ:八戸市美術館(0178-45-8338)

図録名 価格 送料(1冊)  
郷土先人遺作展 400円 180円 1989年6月開催特別展
渡辺貞一 1,800円 350円 1990年3月発行
寒山への誘い−佐々木泰南展 1,900円 300円 1990年6月開催特別展
20世紀の中国絵画展 2,500円 350円 1998年4月開催特別展
少女まんがの世界展 2,000円 350円 1999年10月開催特別展
河村コレクション − 竹久夢二展 2,000円 350円 2001年6月開催特別展
北の光に魅せられて − 豊島弘尚展 2,000円 350円 2002年9月開催特別展
巨匠たちが描いた日本の自然展 − 国立公園の四季 2,000円 300円 2003年9月開催特別展
両洋の眼 2005 1,800円 350円 2005年7月開催特別展
京の四季 2,000円 460円 2006年10月開催特別展
両洋の眼 2007 1,800円 350円 2007年8月開催特別展
いとも美しき西洋版画の世界 2,100円 300円 2009年4月開催特別展
トリック・アートの世界 1,500円 300円 2010年12月開催特別展
かたる つたえる 絵のチカラ 1,800円 350円 2012年4月開催特別展
道 ーそして、希望の朝 1,500円 300円 2013年9月開催特別展
 豊島弘尚展 ー北の光と三つの故郷ー 2,000円  350円  2015年9月開催特別展