COLLECTIONコレクション

ARTIST作家概要

《聖クララ》1981 ブロンズ 50.0×25.0×48.0cm

舟越 保武/Yasutake Funakoshi 1912(大正元)-2002(平成14)

岩手県一戸町生まれ。盛岡中学校時代のちの画家となる松本竣介と同級。昭和14年東京美術学校(現東京芸大)彫刻科塑像部卒業。大学で同級の佐藤忠良らとともに、新制作派協会彫刻部創設に参加し、以後出品を続け会員となる。長男の病死を機にカトリックの洗礼を受け、以後キリスト教に題材をとった作品を多く手がけた。昭和37年、完成まで四年を要した「長崎26殉教者記念像」により第5回高村光太郎賞を受賞。その後も中村悌二郎賞を受賞するなど活躍し、平成11年に文化功労者に選ばれた。内面を凝視した人間像を重厚に表現する作風を確立し、現代彫刻界の第一人者として数多くの作品を残した。

作家の一覧に戻る